株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東芝、採算が取れない白物家電について国内からの撤退の可能性も このエントリーをはてなブックマークに追加

【企業】東芝・室町社長「採算が取れない白物家電について国内からの撤退の可能性も」

1:海江田三郎 ★:2015/09/14(月) 22:13:08.12 ID:???.net

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150914/k10010234031000.html

不正な会計処理の影響で、2度も決算発表を延期した東芝は、ことし4月から6月までの第1四半期の決算を
通常より1か月遅れで14日発表しました。本業のもうけを示す営業損益は、パソコン事業などが不振だったことから109億円の赤字に転落しました。
東芝は、ことし3月期の1年間の決算について、不正な会計処理の影響で、
2度も発表を延期する異例の事態に陥りました。この影響でことし4月から6月までの今年度第1四半期のグループ全体の決算についても、
通常より1か月遅れ、14日発表しました。
それによりますと、売り上げは、1兆3498億円と前の年の同じ時期より4.5%減少したほか、
1年前は黒字だった、本業のもうけを示す営業損益は、109億円の赤字に転落しました。
これは、パソコン事業で、海外のメーカーとの価格競争などで、アメリカやヨーロッパでの売り上げが減ったことなどによるものです。
また、今回の決算について東芝は、問題のある会計処理は見つからなかったとしています。


東芝の室町正志会長兼社長は、記者会見で、
「採算が取れない白物家電については、中国やインドネシアの製造拠点の集約が必要だと考えている。
また国内についても撤退の判断の可能性もある。構造改革は、そう時間をかける訳にはいかない」と述べ、生産体制の見直しを急ぐ考えを強調しました。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/09/16 07:33 ] 家電 | TB(0) | CM(0)

フィリップス、生麺が10分で作れるヌードルメーカー発表 このエントリーをはてなブックマークに追加

【麺】フィリップス、生麺が10分で作れるヌードルメーカー発表 2014/06/03

1:北村ゆきひろ ★:2014/06/03(火) 15:57:12.15 ID:???.net

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、本格的な生麺が約10分で簡単に作れる「フィリップス ヌードルメーカー HR2365」を発表。6月下旬より発売する。
「粉を入れる」「ボタンを押す」「水や卵などの材料を入れる」だけの3ステップで、本格的な生麺が約10分という短時間で
簡単に作れるヌードルメーカー。手打ちでは難しい約720kgの圧力を生地にかけることで、コシのあるおいしい生麺作りを実現したという。

また、日本用に特別設計された4種類の製麺用キャップを採用。
キャップを付け替えるだけで、丸麺、角切り麺、平打ち麺とさまざまな形状と太さの麺に対応し、うどんやそばなどを形状や太さを変えて作ることが可能だ。
卵やスパイス、ハーブ、野菜ジュースなどを加えることで、好みのアレンジ生麺も楽しめる。
さらに、5分、6分、7分、8分の4段階に対応した、コシ調整機能を搭載。麺の種類や材料に合わせて、最適なこね時間の設定が可能だ。

このほか、最大製麺量は粉500g。
製麺用キャップは、2.0mm 丸麺、1.6mm 平麺、1.6mm 角麺、2.5mm 角麺の4種類。本体サイズは215(幅)300(高さ)×343(奥行)×mm。
重量は7.8kg。市場想定価格は32,200円(税抜)。

http://img.kakaku.com/Images/prdnews/20140603152305_825_.jpg

http://img.kakaku.com/Images/prdnews/20140603143706_357_.jpg

http://img.kakaku.com/Images/prdnews/20140603152340_30_.jpg

http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2113/id=39298/

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/06/08 22:00 ] 家電 | TB(0) | CM(0)

ソニーとパナソニック、有機EL事業売却へ コスト減難航 このエントリーをはてなブックマークに追加

【家電】ソニーとパナソニック、有機EL事業売却へ コスト減難航 [14/05/25]

1:進ぬなまけものφ ★:2014/05/25(日) 10:35:23.62 ID:???.net

■ソニーとパナ、有機EL事業売却へ コスト減難航
 朝日新聞デジタル 5月25日(日)7時0分配信

次世代テレビの「本命」として有機ELディスプレーの開発をしていた
ソニーとパナソニックが、ともに有機EL事業から撤退する方針を固めた。
大型化に伴う製造コストの引き下げなどが難航したためだ。
有機ELの大型テレビ開発から日本勢が事実上、姿を消す。
韓国メーカーが開発してはいるが、割高で市場は伸びていない。

ソニー、パナソニックとも、官民ファンド「産業革新機構」が出資する
ジャパンディスプレイ(JDI)にそれぞれの有機EL事業を売却する方向で調整している。
ともに6月中にも基本合意する見通しだ。
JDIはタブレットやスマートフォンなどに使う中小型画面に絞って開発を進める。

両社とも、不振のテレビ事業を立て直すには、課題の多い有機ELに投資を続けるよりも、
高精細の「4Kテレビ」など液晶テレビの開発に集中する方がよいとの結論に達した。

朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140525-00000009-asahi-bus_all

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/05/26 07:34 ] 家電 | TB(0) | CM(0)

激安なのに高品質!密かに人気の「ジェネリック家電」 このエントリーをはてなブックマークに追加

【電機】激安なのに高品質!密かに人気の「ジェネリック家電」

1:幽斎 ★:2014/05/23(金) 18:10:33.49 ID:???.net

激安なのに高品質!
密かに人気の"ジェネリック"家電
http://diamond.jp/articles/-/53495

山善製、扇風機、2480円」「オリオン電機製、32型ハイビジョン液晶テレビ、3万1230円」「シー・シー・ピー製、ロボット掃除機、
1万1980円」(いずれも税抜)……。5月半ば、渋谷の大手家電量販店をのぞくと、
店頭の最も目立つ売り場に、衝撃的な安さの商品が並んでいた。
ポイントサービスがあるので実際はもっと安くなる。
製造元は聞きなれない社名かも知れないが、いずれもれっきとした日本の家電メーカーだ。

人呼んで「ジェネリック家電」――山善やオリオン電機、シー・シー・ピーが市場に供給する家電はそう呼ばれている。
ひと言でいえば、安くて高品質なノーブランド家電の総称だ。名付け親は、国内外の家電事情に詳しく、
『安くてもスゴイ!ジェネリック家電の世界』(集英社)の著者でもある近兼拓史氏。
先に開発されたクスリの有効成分の特許が切れたために、安い価格で製造・販売されるジェネリック医薬品にあやかり、命名した。
なぜ、これほどの激安が実現できるのか。まず言えるのは、単純な機能のみに徹しているということだ。
例えば山善の扇風機は強・中・弱の切り替えと首振り機能、タイマー機能、高さの伸縮機能など基本性能のみ。
今どきの最先端扇風機が備えるリモコンや消音機能、チャイルドロックなどは搭載していない。
オリオンの液晶テレビもブルーレイレコーダーは内蔵していないし、内蔵チューナーは地デジのみで、
フルHD表示でもない。どちらも不要な高機能をそぎ落としているのがミソだ。

 高価な最先端技術を使わず、成熟技術、汎用部品を使っていることもポイントだ。
近兼氏はこう解説する。「先端技術といえるのは、目安として登場後3年以内。
一方で、ジェネリック家電が用いているのは、主に3年以上前の技術や部品。
それらの取引価格は下落しているので本体も安く作れる。ただ、3年前の技術でも十分に高水準。
テレビも32インチクラスなら画質に大きな影響はない」。
加えて、ジェネリック医薬品と同じように、主に他社が先行開発した技術や部品を組み込んでいるので、
開発費が抑えられ、余分な人件費を圧縮できる。テレビCMなども打たないため、
広告宣伝費も大してかからない。これらの要素がコストダウン効果を生み、劇安を実現しているのだ。

海外生産が主流だが、ジャパンクオリティは確保
「こんなに安くて品質は大丈夫なの?」と素朴な疑問を持つ人もいるだろう。
それに対し、近兼氏はこう答える。「採用している成熟技術は、いわば、様々な技術が自然淘汰される中、
生き残ったスタンダードな技術。長年改良が重ねられ、品質も安定している。
だから、登場したばかりの先端技術を使っている家電より、かえって製品としての完成度は高い」。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/05/24 14:15 ] 家電 | TB(0) | CM(0)

「4K」 この1年で半額に…全体的には回復基調 シェア首位はシャープ このエントリーをはてなブックマークに追加

【家電/テレビ】「4K」 この1年で半額に…全体的には回復基調 シェア首位はシャープ [01/17]

1:きのこ記者φ ★:2014/01/17(金) 11:00:48.55 ID:???

BCNは16日、薄型テレビやデジタルカメラ、スマートフォン、タブレットなど
デジタル家電の2013年の販売動向や、2014年の展望・課題について、調査結果を元に分析を発表した。 (中略)

・薄型テレビ・レコーダの年末商戦速報
2014年の展望については、「前半にソチ冬季五輪やサッカーのブラジルW杯、消費税増税などの
買い替え・買い増し需要を刺激するイベントが集中しており、大きなイベントの少ない後半を
どう盛り上げるかが重要になる」と述べた。

・テレビは単価改善傾向。4K対応テレビは1年で平均単価が約半分に
薄型テレビ(液晶+プラズマ+有機EL)の'13年12月の販売金額は前年同月比104.3%、販売台数は同84%となり、
販売金額は2013年8月頃より微小ではあるがプラスに転じつつある。
一方、販売台数は改善傾向にあるものの、依然マイナスが続く状態となっている。

平均単価については、すべてのサイズで上昇傾向にあるが、特に50型以上の大型サイズが堅調で、
3年前の水準に接近しつつある。4K対応テレビの平均単価は、'12年12月に78万9,500円だったものが
'13年12月には39万300円となっており、この1年で約半分となった。

また、テレビの録画機能搭載率は年間を通して9割以上、2013年3月以降は95%以上となっており、
「もはや録画機能はテレビのデファクトスタンダードになった」という。

メーカー別のシェアでは、'13年12月時点でシャープが37.5%と首位をキープ。
続いて、パナソニック(20.9%)、東芝(15.3%)、ソニー(11.5%)と続く。
平均画面サイズは、'12年12月の31.4型から'13年12月には33.9型となっており、大型化の傾向は見られるものの
34型前後で安定推移している。

レコーダの'13年12月販売は、台数が前年同月比85.6%、金額が92.3%となった。
年末商戦では販売金額が前年同月比106.5%となったものの、「テレビの録画機能が標準的になってきており苦戦。
4K対応待ちということもあり、2014年も厳しい状況続くのでは」と道越氏は述べている。

HDD容量帯別の12月販売台数構成比は、2TB以上が8.7%、1TBが35.5%、500/750GBが52.4%、320GBが3.4%と、
1TBを超える大容量モデルが4割以上に達している。

メーカー別シェアは、'13年12月時点でパナソニックが36.4%、ソニーが26.9%、シャープが19.5%、東芝が14.5%で、
パナソニックが'12年12月時点の25%からシェアを拡大している一方、シャープ(同34.1%)が大きく縮小している。 (以下略)

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140116_631103.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/19 18:47 ] 家電 | TB(0) | CM(0)
このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。