株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「太った乗客には追加料金を」 ノルウェー経済学者説に波紋 このエントリーをはてなブックマークに追加

【空運】「太った乗客には追加料金を」 ノルウェー経済学者説に波紋[13/03/28]

1:やるっきゃ騎士φ ★:2013/03/29(金) 11:06:07.15 ID:???

「太った乗客には航空券代に追加料金を課すべき」としたノルウェーの経済学者の主張が、
世界的な議論を呼んでいる。

■「重ければ燃料費がかかる」
機体の重量が増すほど、さらに燃料を要する。
支出の多くを燃料費が占める航空各社にとって、「重さ」は現在進行形の問題だ。

すでに数社の航空会社が、座席左右の肘掛けの間に体が収まりきらない乗客に対し、
もう1席分を購入するよう求めて批判を浴びているが、こうした状況を背景に発表された
ノルウェーのソグン・オ・フィヨラーネ大学のバラト・P・バッタ氏の論文が
物議を醸した。

学会誌「Journal of Revenue and Pricing Management(収入と価格設定管理)」に
掲載されたバッタ氏の論文は、経営に苦慮する航空業界の救済策として
「体重に応じて支払う方式」を提唱する内容だ。

英誌エコノミストの引用によれば、バッタ氏は機体の重量が1キロ減るごとに
3000ドル(約28万円)相当の燃料が節約できると計算。
許容量をオーバーした超過手荷物には追加料金をとっているのだから、
体重の「超過分」にも料金を課してはどうかという主張だ。

体重に基づく航空料金の課金方法としてバッタ氏は、体重1キロごとに課金する方法、
太った乗客には一定の追加料金を課し体重が軽い乗客には割引する方法、
体重によって料金を「高額」「一般」「低額」の3グループに分ける方法の三つを
挙げている。

ただし「体重に応じて支払う方式」は、体重が重い人たちへの差別と捉えられる
可能性があることもバッタ氏は認めている。

■航空会社も苦肉の策
航空業界と体重をめぐる問題では2011年、米サウスウエスト航空の地上スタッフが、
体重が100キロを超えていた女性乗客に「搭乗させるには太り過ぎている」として、
座席をもう1席分購入するよう求めたことから、同航空は危機的なイメージダウンを
被った。

一方、仏エールフランスは「体重が多い乗客」に対し、25%の割引料金でエコノミー席の
2席目を購入するよう求めている。
この場合、離陸後に1席でも空席があれば2席目分の代金は全額払い戻すという。

ソースは
http://www.afpbb.com/article/economy/2936061/10507242
■Journal of Revenue and Pricing Management
 http://www.palgrave-journals.com/rpm/index.html
 Pay-as-you-weigh pricing of an air ticket: Economics and major issues for discussions and investigations
 http://www.palgrave-journals.com/rpm/journal/v12/n2/full/rpm201247a.html

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/31 19:32 ] 交通 | TB(0) | CM(3)
このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。