株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

数字が語るメガソーラーの不都合な現実--現時点では「太陽光が非常に競争力のある電源」とはとても言えない このエントリーをはてなブックマークに追加

【電力】数字が語るメガソーラーの"不都合な現実"--現時点では「太陽光が非常に競争力のある電源」とはとても言えない [04/23]

1:ライトスタッフ◎φ ★:2012/04/23(月) 15:17:40.09 ID:???


再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度(FIT)が7月から
始まるのを前に、改めて自然エネルギーへの期待が高まっている。日本の
電力の未来像を議論する経済産業省の総合資源エネルギー調査会・基本
問題委員会でも2030年には日本の電力の25~30%を再生エネでまかなう
とする意見が有力。だが、現実にそれが可能なのか。数字を駆使して、
再生エネのリアリティーチェック(実力診断)をしてみよう。

再生エネにもいろいろあるが、今回は最も一般的で普通の家庭でも導入できる
太陽光発電に議論を限定する。ちなみに、2010年度実績では太陽光による
発電電力量は全体の0.3%、約38億キロワット時にすぎない。といっても、
ピンとこない人が多いだろうから、いわゆるメガソーラー発電所と原子力
発電所の実力を比較してみたい。

東京電力が川崎市と共同で同市の埋め立て地につくった浮島太陽光発電所は
昨年8月に運転を開始した。同社の芝和彦再生可能エネルギーグループ
マネージャーによると「カラスが上から石を落として何枚か太陽光パネルが
破損するアクシデントはあったが、それ以外はほぼ計画通り順調に動いて
いる」という。

同発電所の出力は7000キロワットで、現時点で日本有数の規模のメガソーラーだ。
敷地面積は11ヘクタール(東京ドームの2.3個分)で、そこから生み出される
電力量は1年間で740万キロワット時の見込み。一般家庭2100軒分の需要を
満たすだけの電力量だ。

こう聞くとかなり大きいと感じるかもしれないが、同じ電力量を生み出すために、
出力100万キロワットの原子力発電所なら7時間24分稼働すれば事足りる。
原発は一度動き出せば、安定してピーク出力を持続するが、太陽光発電は夜は
休止し、昼間も天気次第で発電量が揺れ、平均して最大出力の12%程度しか
発電できない。

では逆に100万キロワット級原発と同じ電力量を太陽光発電でまかなうには、
どれくらい設備が必要か。原発の稼働率を点検による休止などを勘案して
7割とすると、1年間の発電電力量は365日×24時間×100万キロワット×0.7
=約61億キロワット時になる。これは浮島の発電量の約830倍。つまり浮島級の
メガソーラーを830個つくって、ようやく原子力発電所1基と同じ電力量を
生み出せる計算になる。そのために必要な敷地面積は11ヘクタール×830
=9130ヘクタールで、山手線の内側の面積の1.3倍だ。

投資額はどうか。太陽光パネルの価格が大きく値下がりした現状では、出力
1キロワット当たりの初期投資額は30万円程度とされる。この中にはパネルの
ほか架台や直流を交流に変換するパワーコンディショナーの設備コスト、
そして工事費を含めているが、用地の費用は除外した。その前提で電卓を
たたくと、浮島級メガソーラーに必要な初期投資は21億円。それを830個
つくるには約1兆7000億円が必要になる。(※続く)

http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E
3EBE29F888DE0E2E2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2EB




2:ライトスタッフ◎φ ★:2012/04/23(月) 15:17:50.26 ID:???


>>1の続き

加えてメガソーラーをたくさんつくろうとすると、どうしても電力の幹線網から
離れた辺ぴな場所にもつくることになり、グリッド(基幹網)につなぎ込むため
の送電線敷設コストが膨れあがるので、おそらく1.7兆円でもすまないだろう。
近年は安全規制の強化などで原発の建設コストが膨張し、フィンランドのオル
キルオト原発3号機の建設費は1.5兆円に達したという。「とんでもない事態。
もはや原発は経済的にもペイしない」という声が多いが、とんでもなくコストが
かかるのは太陽光も同じというのが現状だ。

むろん原発は燃料費やバックエンドのコストがかかり、一度事故を起こしたとき
の賠償コストや社会的負担が膨れあがるのは福島の事故が示した通りだ。一方で
太陽光発電のほうはランニングコストはほぼゼロ、技術革新やラーニングカーブ
(学習曲線)によるさらなるコストダウンも期待できる。だが、現時点では
「太陽光が非常に競争力のある電源」とはとても言えないのが実態。FITの
ような再生エネの保護の仕組みがなくなっても、一人立ちして競争できるだけの
エネルギーに脱皮するかどうか、その答えはまだ出ていない。


3:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:20:01.27 ID:uSnD/LGB


>現時点では「太陽光が非常に競争力のある電源」とはとても言えない

そんなことは、四則演算ができれば幼稚園児でもわかるよ。


393:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:48:15.66 ID:fbUmWIDB


>>3
(>>1)のような偏った、太陽光発電に不利な試算でも
原発とトントンという結論にしかなってないじゃないか。

結論を捻じ曲げるなよ。


5:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:21:33.86 ID:hw1cZ3Dd


これから国際的にガスの値段がどんどん下がるし
ガスタービンで問題なし


41:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:52:54.24 ID:GANfrvOr


>>5
ガスの値段は上がっているんだけど。


129:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:51:28.96 ID:bwYP/oiz


>>41
では無いが、そっち系の業界に居るから言わせてもらうと
2014年頃から天然ガス系、液化石油ガス系共に、かなり下がる予想にはなってる。
理由は北米のシェールガス生産量が増えて、北米の国内需要を完全に満たした状態になるので
輸入側から輸出側になるとの予想で国際的なガス価格が落ちるって話。
ただシェールガスは例の採掘方法に問題があると言われ始めてるから先の話はなんともね。


138:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:57:15.55 ID:QM1HpFbz


>>129
需要が増えたら生産量を絞って価格をつりあげる可能性は?


145:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:00:59.15 ID:wBbnsWKp


>>138
北米のLNG価格ならすでに価格崩壊してる
参考:http://ecodb.net/pcp/imf_group_ngas.html


8:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:24:22.33 ID:MXgAECT6


競争力があるならもっと普及してるって話だ。

福島の事故までは、コスト重視だったけど、
ここにきて安全性とコストを天秤に掛け始めたってことだな。


12:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:26:53.87 ID:3/Gxp8tr


夜発電できないって言うけどさ、大量に電気が必要になるのは夏の昼間だろ?理にかなってるじゃん


14:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:30:12.33 ID:4Rgvzhp4


>>12
気温が高いと発電効率が落ちるらしいよ。


17:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:32:55.61 ID:q5HX0LOB


>>12
その夏に曇りになったらどうするの?
バックアップで火力発電所が必要でしょ?
その分コスト上がるでしょ?

最初から火力だけにしとけばコストダウンで発電量も安定するし、太陽光などいらない


31:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:46:08.00 ID:HKuE+34j


>>17
火力発電所はすでに日本全国の需要を賄えるほどあるから
太陽光が普及した分だけ燃料費の節約になる
まあ最初は高いけど


36:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:47:57.49 ID:wBbnsWKp


>>31
よりコストの高いものを代替に用意しても節約って言わないだろw


16:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:31:58.14 ID:IBLwEhC3


話が原子力寄りのバイアスがかかってるようだから
どこまで信用していいのやら。
ああ、日経さんかあ・・・


19:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:33:32.95 ID:K2Yt0ZHY


>>16
メガソーラーと言っときながら30キロワット程度が限界だとバレた禿の手下ですか?


20:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:34:00.26 ID:BUZadHpi


>>16
この手の記事で読売産経日経は信用してはいけない。


21:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:34:50.66 ID:yqAznZM3


燃料要らずなんだから多少の効率悪はしょうがない


28:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:44:52.97 ID:lJN9TY+r


各家庭の屋根につけて、夏場のピークカットに使えばいいと思うけど

発電所は夏場の最大需要をベースに建設されているから、太陽光発電が十分に普及すれば、発電所が数機から数十機はいらなくなる


34:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:47:02.46 ID:uSKwrPuQ


>>28
太陽電池は寿命とメンテがなぁ…


35:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:47:12.56 ID:HA2g+Bj+


いくら高く買い取っても、電力会社は儲かって消費者にしわ寄せが行くんでしょ。


37:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:49:48.54 ID:tRHs3mdb


今の普及している太陽光パネルの技術が古い
紫外線 赤外線 可視光線を電気に変換できる太陽光パネル使えばいい
変換効率40%超えるそうや


45:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 15:55:46.62 ID:vQTXgGCN


ウランは枯渇燃料、核燃料リサイクルは技術的に破綻。まして核融合は夢の夢。
つまり原子力には頼れん。

ならば太陽光に頼るのが当然の道。チマチマした価格計算なんてタメにする議論。


53:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:02:14.95 ID:6rsYFyEf


揚水水力発電のように、ピーク時利用と考えれば有効ではないか。
原発利権者のネガキャンだよこれは


58:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:06:24.67 ID:ed/QBI6M


>>53
そのとおり。
もともとその目的のために普及が計画された。
代替エネルギーとして今でも考えられていない。


71:東電無罪:2012/04/23(月) 16:15:35.93 ID:Emss+MH6


>>53

太陽光発電は、電力会社では、ピーク対応としての能力はゼロと評価しています。
理由は、天候の急変によって、出力が100からゼロに急変する可能性を秘めているからです。天候が悪くなれば、気温も下がり、需要も減るという屁理屈を並べる脱原発バカがいますが、
気温と需要の低下には時間がかかり、タイムラグがあります。結局、このタイムラグを補うのは他の待機している発電設備になるわけです。

太陽光や風力発電が増えれば増えただけ待機用の発電設備を持たなければ、大停電してしまうのです。


76:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:18:45.38 ID:NKhjJZPo


>>71
小規模発電なら「大」停電にはならない

原発のとてつもないリスクよりは圧倒的にマシ


 原発を無理に運用していたら、福島みたいな大災害に見舞われてしまうのです。



103:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:35:29.13 ID:lJN9TY+r


>>71

天候が急変するとしても、例えば日本全体とか関東地方全体で考えれば、それほど急激な変化になると思えから、太陽光発電をピークカットに使えないって考えるのは、乱暴すぎるような…

どちらにしても電力会社は接続料とかメーター工事費とかを高くして、普及させないようにしそうな気がするが


60:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:07:25.26 ID:KrKmmWvP


太陽光は自給自足型をメインにすべきで
メガソーラなんて無駄でしょ。
家庭用ソーラーだって売電は、仕組みや装置が複雑すぎて無駄。
余ったら夏場なら製氷、冬場ならお湯でも沸かして使い切ればよい。


65:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:13:23.46 ID:nZuKFNGJ


>>60
自給自足なら太陽熱一択
太陽光の出る幕なし


63:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:10:50.33 ID:2xPC6Vps


太陽光は家庭用の充電バッテリーが普及してからだと思うけどね


74:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:17:19.12 ID:oN+Cc+2j


>>63
バッテリーは数年で買い替えなのに、一般家庭に普及するとは思えないんだけど


77:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:19:48.92 ID:ywW27gz3


太陽光発電が美化されすぎてるのは事実だな


80:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:20:57.78 ID:vQTXgGCN


>>77
かつては原子力発電が美化されすぎていた。今だにその洗脳が解けない奴が多い。


90:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:27:33.83 ID:J5pFYnkf


太陽光パネルを屋根に設置すると、パネルで発電する省エネ分とは別に
建屋の温度上昇が抑えられて冷房に必要になる電力も減るというおまけがある。

屋根の材質や断熱の程度にも寄るけど、瓦屋根の日本家屋だと2度位下がり、
河原が熱を持ちにくいので夜の蒸し暑さが減る。これは結構うれしい。


95:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:30:41.31 ID:nZuKFNGJ


>>90
屋根にやっすい反射板並べる方がよほど安上がり
太陽熱なら二度うまい


98:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:31:43.57 ID:WrbTGVW9


それよりだな蓄電技術をガンガンやれ


102:東電無罪:2012/04/23(月) 16:34:23.30 ID:Emss+MH6


現在、高値買取とは別に、設置者に補助金が出てます。税金です。
キロワット当たり、20~100万円らしい。

それだけの補助金が出ていてもなかなか普及しません。
この補助金で、太陽光発電が普及するとしても、原発一機分(100万キロワット)の発電量を賄うための太陽光発電の補助金額は、
約1兆円です。こんな税金の無駄遣いはありません。


112:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:42:17.87 ID:lJN9TY+r


>>102

原発は、建設費だけで1機当り8千億円くらいだっけ
いろいろな安全対策をやるといくらになるか知らないが


107:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:39:03.40 ID:WrbTGVW9


オール電化住宅w


117:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:46:47.16 ID:x6io3jxf


>>107
今月は電気代より売電料のほうが上回った。例年通りなら11月までは安泰。
パネルがでかいと案外馬鹿に出来ないよ。


124:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:49:03.26 ID:nZuKFNGJ


>>117
で、回収には何年かかるの?


132:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:53:05.97 ID:x6io3jxf


>>124
元を取るという考えではザックリ計算で12、3年くらいかな。
ただし、今後の買取費用の変動や電気代値上げ、メンテナンス費の変動を勘案してない話。

ただ、水光熱費が一年のうち3/4くらいかからんという面で捕らえるとありがたい。


147:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:02:51.50 ID:nZuKFNGJ


>>132
15年分の光熱費3/4を前払いと考えればそこまで悪くはないな
電力価格や保守費用、補助金効果を見込めてないのは問題だが


120:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 16:47:39.33 ID:GRFxDSHI


まあでも、事実上無限のエネルギー源ってのは魅力的


150:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:03:59.10 ID:UQzIi8dS


同じ自然エネルギーなら
地熱や潮力等の安定したモノに金掛けるべき。
太陽光発電はあくまでも補助電力だよ。


165:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:13:16.55 ID:dmZWr4o9


石油、ガス、ウラン

有限な「化石」に頼り切っているので22世紀が来ませんよ


210:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 18:24:45.73 ID:eoTZjPT6


>>165

地熱でいいんじゃないか?
普通の地熱じゃなくて
高温岩体発電とマグマ発電
のことですが。


185:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:29:22.45 ID:dmZWr4o9


世界情勢の変化で、いつ値段が上がるか、あるいは輸入が止まるか
わからないのに、水力・地熱などの「純国産エネルギー」も
確保しておくことこそ、真の国防だ


187:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:31:16.80 ID:dmZWr4o9


米や肉に関税をかけてまで
国産食料は守っているのに
 
国産エネルギーは割高だから
ぜんぶ輸入でいい、とは、とんだ二枚舌


188:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:34:02.93 ID:88a9IrDz


風力はいけると思うんだよな。高い売電しなくてもいけそう。


189:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:37:16.98 ID:TA3mj4K9


>>188
ブレードが損傷、計算通りに発電できず、鳥が衝突

発電に適してる良いとこもあるだろうけど
ニュース見るとガンガンやれるものには思えないな


198:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 18:05:18.79 ID:ioy8BVf3


真夏のピーク時電力を補う装置としては最適と思うが。
また、真冬のピーク時電力は風力で補える。

別に年間発電量を補う必要はない。
この記者はアホ。


211:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 18:25:55.95 ID:kiiiPgRh


>>198
そこだな。ピークカット機能。
記者がアホっていうか、結論ありきの記事だな。


216:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 18:28:34.61 ID:DXSHX0I6


>>211
発電量の計画ができない太陽光でピークカットなんてやばすぎだろ。
頼りにしてたら、急に曇って電力出てきませんでしたじゃ困るんだよ。


217:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 18:28:44.70 ID:cwv5/EUc


>>211
いや、ピークカットのためだけの投資としては経済効率が悪すぎるって話だろ。

ピーク用にガスタービン発電機用意した方が効率的だし、
太陽光は不安定だから、結局、バックアップ用の発電能力は用意する必要があるし、
設備稼働率が悪すぎる。


209:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 18:24:20.84 ID:6iJc/IUM


とりあえずエアコンがソーラーのみで機能するかどうかが分岐点だと思う。


225:名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 18:43:29.46 ID:xoU0nrEr


>>209
ソーラーパネルとバッテリー併設すればエアコンくらい動くでしょう
どちらも高いし寿命あるけどね






関連記事


[ 2012/04/24 18:55 ] 資源 | TB(0) | CM(3)
夏のピーク時の負担を減らす意味はあるだろうが、
ベース電源は絶対に無理だな。
[ 2012/04/24 19:41 ] [ 編集 ]
もうすべてがステマに見えて、
何が正しい情報かわからなくなってきた。
[ 2012/04/24 20:31 ] [ 編集 ]
薪で火力発電がおもしろいよ。
もちろん非効率だろうから、発電を主目的にはしない。
第一目標は国土の保全。間伐材を燃やして健全な森林を造る。
売った電気の代金をその費用に当てるんだ。
たぶん、ある程度は過疎地対策にもなると思う。
[ 2012/04/25 07:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。