株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケインズ先生、日本ではあなたの理論は効果ありませんでした このエントリーをはてなブックマークに追加

【社説】ケインズ先生、日本ではあなたの理論は効果ありませんでした--WSJ [05/25]

1:ライトスタッフ◎φ ★:2012/05/25(金) 16:25:11.53 ID:???


西側諸国ではエコノミストやコメンテーターがケインズ理論に基づく
景気刺激策をもっと行うべきだと長年にわたって主張してきたが、
ここで再度、この試みが数十年間行われてきた国を検証してみるのも
悪くないだろう。

日本が先週発表した今年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値は、
政府による財政支出が寄与し、驚くほど堅調な成長を示した。ところが
22日、格付け大手フィッチ・レーティングスが日本国債を格下げしたことで、
この明るいニュースが曇ってしまった。

日出ずる国の経済は第1四半期で前期比1%の成長を示した。年率換算で4.1%だ。
この力強い数字は震災後の復興事業に対する財政支出のおかげだ。またエコカー
補助金の復活も個人消費の大きな伸びを支えた。

ではなぜ誰も喜んでいないのだろうか。誰もがこの高い成長率が続かないことを
知っているからだ。第1四半期の輸出は他と比べて明るさを見せていたものの、
欧米諸国や中国の需要は不透明だ。消費者信頼感指数が4月に下落したのは、
夏の電力不足と海外市場の低迷に対する懸念が原因であることは明白だ。

日本では、経済成長が文字通り「財政支出か、もしくは破たんか」の問題に
なったようだ。そして政府はこの両方が現実になり得ることに気づき始めている。
政府の資金は結局どこからか調達しなければならないからだ。つまり納税者だ。
政府は何十兆円もの資金をこの20年で公共事業に投じてきた。このため公的債務
はGDP比200%以上に達している。

かつて世界第2位だった経済大国は、ケインズ理論に基づく公共投資が民間主導型
の成長を実現させる一助になるとの主張への反証の役割を果たしている。日本は
長い間、できたばかりの道路をまたすぐに掘り返すといったことを繰り返してきたが、
第1四半期の数字が示すように、この国はまだ民間部門主導による成長が実現して
いない。

公営企業の民営化に再度取り組むとか、野田佳彦首相が打ち出している自由貿易
政策を進めるといった経済の活性化案を欠いた状態では、それをどう実現させて
いくのか見極めることは難しい。

日本の有権者はいずれ、このような偽りの期待を持ち続けることはできないと
決断するだろう。一方、日本以外の専門家や政策決定者らは、効果のなかった
ケインズ理論とともに歩んできた日本について、知的な誠実さをもってあらためて
考えてみる必要がある。

http://jp.wsj.com/Opinions/Columns/node_448105



10:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:31:01.66 ID:BxvHLKMW


安くできる工事を、高く請求するからだろ
その程度が酷すぎたと


14:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:33:47.89 ID:1Z+T5qWj


道路工事といった現物経済で、金融経済をコントロールできるはずが無い

ダムより原発事故の影響が1000倍くらいデカいのと一緒


15:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:33:51.41 ID:0HlqG0NU


なんという正論
そもそもケインズ主導で景気回復何てどの先進国でもやってないからな
というか80年代から欧米は既にやってなかったが。


22:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:37:46.60 ID:PbFOsto5


クルーグマン 「本来ならケインズやりたいんだけど、アメリカでもイケノブみたいな屑が多いから諦めた」


26:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:38:32.06 ID:hNBmTNvj


ケインズ理論に、中抜きの想定は無い。
末端の労働者の取り分が少なければ理論は成り立たない。


28:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:41:35.86 ID:9FDH2ZK0


国が借金して作りだしたカネは回りまわって金持ちの貯金になって死蔵されてしまう
貯金に課税してカネを動かすか、新たにカネを増量するしかない


37:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:47:56.68 ID:04l2wJNp


WSJなんて嘘っぱちに決まってるだろ。
もう、こんな記事信用してる奴は馬鹿かと。


49:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:55:36.09 ID:M11Gie4Q


日本がバブル崩壊以降、財政支出しないで
緊縮してたらどうなってたんだろうね


59:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:04:31.28 ID:wYaLpFEy


>>49
お前もオレも今ごろはホームレスになっていたかもしれんな。


51:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 16:56:44.90 ID:yTtvksgq


では、フリードマンの言うように、社会保障を廃止して、最低賃金も撤廃し、
麻薬を解禁して、国立公園を売り払えばいいのか? アメリカだけでやってろ。


55:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:00:55.80 ID:VOhqNuwW


国が違えば行動規範もかわる
ケインズ理論をそのまま適用するなど愚の骨頂


56:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:02:58.46 ID:LAoTEf2W


ケインズの理論は超短期しか成り立たない糞理論だからな。
潜在経済成長率が見込める時代なら「良い処方箋」とも言えるが、
成熟化社会や新興国が仕事を奪う現代では、無駄の垂れ流しを
容認する危険な思想に過ぎない。


57:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:03:10.86 ID:mxwhsF4x


ケインズが効果ないんじゃない
調子にのって後の調整を全くしないのが悪い


63:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:05:43.03 ID:RH9vXIRY


財政と金融がちぐはぐだったから効果が上がらなかっただけじゃない?


67:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:09:16.32 ID:LAoTEf2W


>>63
成長要因が全く無いのに金をばらまいても、金が切れたら失速するに
きまっとる。


70:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:10:13.84 ID:nYOLxo3+


一番効果があるのは新しい政府と新しい企業と新しい労働者が必要なんだよ。
対外戦争や暴力革命によって達成するのは損失も多いから仕方なく選挙と議会になってんの。
公共事業ったって新しい事をするしかない。古い土地を掘ったり埋めたりしても効果薄い。


73:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:12:36.97 ID:96vLbGrq


もし今ケインズに日本経済の舵取り任せたら普通に回復させると思うぞ。
緊縮大失敗が明白になってる状況でケインズたたきとかものすごいあほな記事だなw
ケインズ=無尽蔵の公共事業みたいな低脳な認識なんだろうな。
日本は中曽根のあたりからケインズの政策から外れてるだろ。


78:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:16:37.76 ID:LAoTEf2W


>>73
その大前提に「ケインズが複雑な国際金融の仕組みや世界各国の経済状況
の詳細を熟知している」が必要だけどな。

ケインズほどの人間なら、もしかしたらそれくらいの情報収集は出来たかもしれない。
だが、それはケインズ理論の正しさを証明することにはならない。
たんにテクノクラートとしての彼の優秀さを示すだけ。


75:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:14:31.41 ID:2zjF5LQV


京大は、伊藤光晴→根井雅弘のようにケインズ学が盛んみたいだな。


80:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:17:05.68 ID:pxNq21he


そら経済が高度化すると公共事業の所得移転効果は薄れるからな
挙句、人頭税みたいな年金制度と糞みたいなセーフティーネットじゃ何も意味が無い

経済の流動性を高めるどころか、固定化を招くような政策を続けりゃ
そら経済は回らず、税収は増えず、富裕層の貯蓄だけが積み上がり、必然的に政府の国債も積み上がる


91:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:21:09.03 ID:LAoTEf2W


>>80
富裕層に富が集まるのは、もっと単純な理由だと思うよ。

新興国の登場で、世界的に単純労働者の供給が増え、相対的に
知的労働者や資本が過小になる。当然過小財のリターンが上がる。
それはとどのつまり、頭脳と金を持った奴ら(=富裕層)が富むことになる。


108:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:27:39.56 ID:pxNq21he


>>91
グローバル化はそういう側面があるね

ある意味トリクルダウンは、世界的視点で見るなら正しかった
先進国の富裕層が、後進国に投資することで経済成長を引き起こし
世界経済が成長すれば、そこに寄生する富裕層は莫大な富を得る

しかし、それは先進国自体の利益には適ってない
世界で金が回ってても、国内で上手く金を回さないと流動性は確保できないし
適切な階級移動も起きなければ、産業構造の最適化も行われず
必然的に内需も生まれない


119:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:31:37.97 ID:LAoTEf2W


>>108

>ある意味トリクルダウンは、世界的視点で見るなら正しかった

そうそう、まさにその通り。

>しかし、それは先進国自体の利益には適ってない

でも、世界ルールが自律的拘束力を持つ現代社会では不可避な動きだ。
だから、ケインズ理論なんてものはもはや何の意味も持たないんだよね。
誰のための財政赤字拡大なのかわからない。赤字を負担する主体と利益を
受ける主体が全く違うんだから。

国内の潜在成長率が低い「耐え抜く時代」に超短期の景気回復策しか
提示できないケインズ理論は死んだも同然。


128:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:33:45.09 ID:pf73voyt


>>119
世界ルールを決める民主主義なんて無いんだから正当性が無いって話だよな

人類の統合なんて、宇宙人の砲艦が空から降ってこないと無理だぜw


132:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:37:35.42 ID:LAoTEf2W


>>128
>世界ルールを決める民主主義なんて無いんだから正当性が無いって話だよな

民主主義という制度だけがルール形成の方法じゃないからね。
自然発生的なルールというのも人間界には多い。
そして、国際ルールは「抜け出したら損する」という意味で自然発生的な
自律したルールになっている。


137:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:40:11.94 ID:pf73voyt


>>132
そもそも日本のデフレは日本の中だけのルールで対処できる
日本円は世界銀行にでも発行してもらわないといけないのか?


172:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:59:33.66 ID:LAoTEf2W


>>137
できないよ。グローバル化を舐めるなよ、と思う。

そもそも金融緩和しても、マネーは現時点で増えないんだよ。
銀行が国内で貸し出しを増やさない。
グローバル化の中で、投資機会は海外に移っているからね。

まあ、なんでもかんでも日銀が買い漁ったらどうなるかわからないけど、
現状、ベースマネー増やしても、銀行は国債買うだけ。実需にはなんら
プラスにならない。


85:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:19:40.22 ID:qu5hDKKu


はて?日本がいつケインズの理論を実践したんだろう?
ケインズ以前の戦前はそれに準じた政策をやったが、戦後は概ね逆をやってるような。


87:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:20:11.05 ID:evdhvTS0


ケインズ信者の中野剛志信者涙目


99:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:24:39.54 ID:BqEUq+pa


経済だけは正解が無い学問だろ
ノーベル経済学賞受賞者を2人も擁したHFがあっけなく破綻したのは有名だし
ケインズもマルクスもクルーグマンもそこらのオッサンが適当に自論展開してるのと変わらん
でも白川だけは無能だと思うわ バーナンキと変えて欲しい


121:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:32:10.23 ID:pf73voyt


>>99
ブラックショールズはあまり相場には使えない
オプションの値段を決めてくれるのはありがたいけど

LTCMは、あれは丁半博打で丁が10回連続で出る確率は低いから、半に賭けつづければいい!ということを世界規模でやって、
丁が11回出てしまったから破産したというだけのヘボギャンブラー


393:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 21:52:14.84 ID:bkG6QGNt


>>99
経済だけじゃなくて文系は正解が無いよ。文学、哲学、史学、民俗学、などなど。
理系に較べて複雑過ぎるので、現状ではまだ理系の魔術師時代のレベル。
文系の学問を理系なみに完璧理論で語れるようになるには、あと1000年かかる。


113:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:29:30.08 ID:0SMhf1vF


早くケインズは間違ってたときがつくべき

ケインズの経済学は破滅の罠


117:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:30:45.01 ID:3Qb8e4ul


ケインズが間違っていたと言うより、今の日本の経済がケインズの想定する経済と違ってきているから
なにせ100年前の経済学ですから


773:名刺は切らしておりまして:2012/05/26(土) 07:11:07.44 ID:wvutmKZL


>>117

全くの同意だ。
当のケインズだって今の時代に生き返ったら、
「そんな糞理論今通用するわけないじゃんあほかお前」
って言うよ絶対。


122:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:32:12.54 ID:nJTlHgXO


もっと輸入増やして

貿易赤字 経常赤字になって

円安になれば OK。

黒字だけ溜め込んで 円高で 仕事が減り 資金が国内でまわらず 外に行く状況では

何をやっても 少ししか効果ない。


126:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:33:04.12 ID:96vLbGrq


財政健全化に一生懸命に取り組んだ結果→信用不安拡大。

緊縮馬鹿はこの事実を頭に叩き込むべきだな。
日米とEUのいまの差をみれば危機後の対応でEUが間違ってたのは明らか
EUは財政出動にもっと寛容だったらここまで危機は深刻化しなかっただろうな。


155:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:50:26.67 ID:zbqyHatN


また外紙の見当はずれな論評なり.あの公共事業がなかったら大不況だった
むしろ少ないぐらい途中で止めずもっと続けていれば不良債権もだいぶ減って
金融機関も助かっていたのに惜しいなにせちょっと景気が良くなれば安心して止めるから
また不景気になる


156:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:51:13.82 ID:S6OjTfLt


この記事は、不景気の度に財政出動を繰り返して来た日本が、
最後の最後になって、財政出動では不景気は克服できないと分かったが、
時既に遅し、財政破綻が待っている、と暗に言っているわけね。


159:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:53:16.85 ID:q0JC9SoU


中抜きが多くて下まで降りてこなかったのと
必要ない工事ばかりだったから

空港100個も作ったが
維持費だけでも大赤字


162:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:54:06.01 ID:S6OjTfLt


> 政府の資金は結局どこからか調達しなければならないからだ。つまり納税者だ。

スレスレ厨は耳を傾けなけりゃね。
結局のところ、札は裏付けなしに刷れない、国債の日銀直接引き受けなんて、できない、
市中消化で結局納税者が払うっていうことね。


166:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 17:54:44.54 ID:ysVrNBlY


日本だと新しい道路作った場合、建設費の大部分は地主に行くって言うからな。
土地持ちの富裕層肥えさせても、下々にお金が回らなくて、お話にならんよ。
ドイツでアウトバーン作ってた頃とは違う。


195:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:10:16.30 ID:htRXpbFn


フリードマンは経済学だけでなく思想としても非常に偏ってる
何でもかんでも市場
貧困の自由やら資産拡大の自由追求
極左の革命理論並
変わった理論ならわかるがアメリカで流行してることがおかしい
更に行き過ぎた個人主義思想とセットになって化け物じみてる


213:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:20:00.28 ID:alAWhCjr


ケインズは同じことは続かないと言ってたろ・・・
また賢い我々だから修正を継続できる、一部を切り取って猿真似したらダメだよってさ。


234:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:36:02.49 ID:L+AMcgEB


結局国内消費と雇用回復するには何がいいんだ
やっぱり減税かな?


244:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:43:42.01 ID:alAWhCjr


>>234
まずは特別会計の透明化じゃね。

一般会計しか議会チェックしてないからさ。
本当はどうなっているかが中国なみに闇なんだよね。

あらゆる政策を試して、まったく反応しないというのもここまで来るとおかしいんだよね。
日本は民主主義ではなくて官僚社会主義と言われることがあるが、
官僚が握っている金があるとすればそれを表に出さない話にならない。

天下り+補助金や○○村の実態がどうなっているのか一般人ではわからん。
というか官僚も省庁で縦割りだから全体像を把握している人間がいないのかもしれない。


296:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 19:24:00.03 ID:ZcbWkqyb


>>244
特に、外為特別会計な

日本の国債がどんどん積み上がってる元凶


235:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:37:01.09 ID:aOEN2M1q


政府紙幣発行という話聞かなくなったけど
あれも効果がないのか?


240:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:38:50.85 ID:MUn/HOvM


>>235
あるよ。ただ政府紙幣発行は法的根拠がない。
法律を作らなきゃいけない。


246:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:44:20.22 ID:aOEN2M1q


>>240 記念紙幣にすれば大丈夫って話なかった?


249:名刺は切らしておりまして:2012/05/25(金) 18:47:08.19 ID:MUn/HOvM


>>246
純粋に形式的には可能なはず。50兆円記念コインの発行してすぐ日銀に買い取らせる
とかね。
ただ、それは財政法とかの立法意図を無視した脱法行為だから、現実には非常にやりづらいだろうね。
なんでも有りになっちゃうからね。






関連記事


[ 2012/05/29 07:31 ] 経済 | TB(0) | CM(13)
てか世界中で財政出動やってるだろ

ギリシャでもフランスでも緊縮しようとして選挙で負けたし、
[ 2012/05/29 09:04 ] [ 編集 ]
政府の資金は結局どこからか調達しなければならないからだ。つまり納税者だ。

New→政府の資金は結局どこからか調達しなければならないからだ。つまり紙幣発行だ。
[ 2012/05/29 09:28 ] [ 編集 ]
緊縮してる国なんてないよ。やろうとすると潰されてるし
結局は放出しまくって悪化させてるだけ
ま、10年以内に世界大戦で、ある程度はリセットされるじゃろ
[ 2012/05/29 09:50 ] [ 編集 ]
富裕層だろうがなんだろうが貯蓄を防ぐにも切り崩すにも結局インフレしかないんだから
紙幣発行で円の価値さげて財政出動で債務と物の価値上げるしかないだろ
[ 2012/05/29 10:15 ] [ 編集 ]
デフレ化でニューデール政策やるのって常識なんじゃないの?
トリクルダウンは結局格差が広がってウォール街でデモが起きるまでに至ったし。
[ 2012/05/29 10:56 ] [ 編集 ]
最後の2千円札じゃね…
[ 2012/05/29 11:18 ] [ 編集 ]
財政出動に加え、金融緩和もやらないと
小渕の二の舞になる。自民党が
公共事業200兆とインフレ2-3%やると
言ってるが本当にやれば必ず回復する
[ 2012/05/29 14:46 ] [ 編集 ]
公共事業を減らし続けてきたのにケインズ理論は駄目だねとか
意味不明過ぎるだろ・・・
実施してねーじゃん、むしろ逆やってるよね
[ 2012/05/29 20:10 ] [ 編集 ]
むしろ日本の失敗は、ケインズ経済学の正当性を示すテストだろうよ。
まあ日本に限らず、スペイン、ギリシャ、アイルランドで、次々とケインズ経済学の論理に裏付けられた失敗が続いてる。
ひょっとして、政府首脳もこの記事と同じ発想なのか? なるほど、現状認識が間違っているからここまでヘンテコな政策を打ち続けるわけだ・・・。

リカードの国債中立命題を普遍の真理かのごとく振りかざす真正のバカたちも蔓延ってるし。
[ 2012/05/30 12:35 ] [ 編集 ]
デフレ国は為替変動の恐ろしさを知って内需へ目を向ける、資源にも注目
新興国の発展と共に食料暴騰危機も予想される
日本はなぜか狙い撃ちにされてるのにデフレ下で輸出主導のまま
輸出主導は日本のような製造産業においては不利
アメリカとはケースが違う
理由は、
グローバル化における高付加価値の拡大が生んだものが今の格差
教育で引き上げるという話自体格差の温床?
新興国においても高付加価値を生み出しかつ低賃金での労働者が増え始める現状
先進国内での所得分配率は下がる

インフレ競争に勝つのは不可能
内需へ目を向けなければならない
輸出主導などと言われるが日本のGDPの輸出入幅は全体の1%にも満たないという数字w
[ 2012/05/30 21:53 ] [ 編集 ]
大企業は各国に生産拠点をもち為替リスク、関税をヘッジしたがやはり低賃金の労働力での生産という体質は変わらない。企業はある意味、国より強い基盤がある。それは常識的なものではなく貪欲すぎる自由主義なのである。
[ 2012/05/30 22:12 ] [ 編集 ]
経済学者ケインズは貨幣の下方硬直性という問題、公共投資という薬を論じたが
完全に硬直しきった上に投資先は複雑に入り乱れ末端に行き届くのか知れないし
増えるのは返せない借金だけ

保守のもとにブロック経済化し通貨安競争からのグローバル戦争とか企業に勝手にやらせて鎖国しようず
TPPはデフレでやるもんじゃない。
[ 2012/05/30 22:17 ] [ 編集 ]
デフレというのは最悪の状態であり金を刷る(国債発行)以外に抜け出す現実的方法はありません
ケインズ政策というのは国債発行で(必要な)公共事業をする事により給料が使われ金が回りだすという事ではなく
要は緩やかなインフレを維持しハイパーインフレをしないようデフレにならないようバランス良く国家を運営すべしというだけの事です
[ 2012/07/25 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。