株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なぜコダックは破綻したのか 日独とは違う企業観 このエントリーをはてなブックマークに追加

【光学】なぜコダックは破綻したのか 日独とは違う企業観 [12/06/03]

1:のーみそとろとろφ ★:2012/06/03(日) 20:53:56.92 ID:???


写真フィルムの巨人、米コダックが倒れた。一方、日本の富士フイルム、コニカは事業の多角化によって生き残りを図っている。
この明暗をわけた背景には日米における企業観の違いがあると筆者は説く。

■お国柄が反映された4社の縮退への対応
 この1月にコダックが日本の会社更生法に当たる法律の適用を申請したというニュースが伝えられた。
 このニュースは日本のビジネスマンを驚かせるものだった。
同社は、世界の写真フィルム産業のリーダー企業であった。
しばらく前まで高収益の超優良企業だった。このような会社が倒産するというのは日本ではありえない話だ。
ニュースを聞いて間違いではないかと思った人も多かったに違いない。

 写真フィルムはかつて世界で4社しか製造できなかった商品である。
アメリカのコダック、ドイツのアグファ、日本の富士フイルム、コニカの4社の寡占市場であった。
そのために、上位企業はかなりの利益を得ていた。
ところが、デジタル写真技術の進歩で、銀塩式の写真フィルムの需要は縮退してしまった。

 4つの企業の縮退への対応の仕方は、お国柄を反映してずいぶん異なっている。

 ドイツのアグファは、X線写真とその解析技術を深掘りし、
プロ用の市場、医療用の市場というニッチを深く耕すことによって生き残りを図ろうとしている。
このような専門市場は大きくないが、技術が生み出す価値に対する対価を払ってくれる市場である。
規模を求めないドイツ的な対応だ。

日本のコニカは、写真機メーカーのミノルタと合併し、
デジタルカメラや複写機など技術の幅を拡大し生き残ろうとしている。
同じく富士フイルムは、もともと事業の多角化をしてきた企業であるが、
複写機、デジタルカメラ、電子部品・電子材料など、
蓄積された技術の周辺で応用分野を広げる形での事業・商品の広範な多角化によって生き残りを図ろうとしている。

 それと比べると、コダックは、企業買収という形で事業の多角化を図ったが、
社内技術の深耕や幅の拡大にはそれほど熱心ではなかった。
その背景には、企業の多角化に関するアメリカの投資家の否定的な態度がある。
アメリカの投資家は、企業が事業を多角化しても投資効率が改善されることは少ないと考える。
多角化するぐらいならそのお金を投資家に還元すべきだと考える。
投資家は、自らのポートフォリオを組み替えることによって、もっと効率的に多角化ができると考える。
企業は余剰なキャッシュを持つべきではないし、事業は集中化すべきだと考える。
こうした投資家の意向を大切にしたコダックは、事業の多角化に慎重にならざるをえなかった。

続きます>>2
>>3
>>4
>>5

http://www.sankeibiz.jp/business/news/120603/bsg1206031001000-n1.htm

関連スレ
【AV】米アカデミー賞会場名、ドルビーシアターに[12/05/07]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1336399320/



2:のーみそとろとろφ ★:2012/06/03(日) 20:54:06.80 ID:???


>>1より
■米国に見られる企業観「企業用具説」とは

 こうした投資家の意向を考えると、コダックの経営は単純な失敗だったと結論できない。
儲かっているときは、それを投資家に配分し、儲けられなくなれば、
速やかに市場から退場すべきだと考えるアメリカの投資家の期待通りの経営だ。
日本の経営者にとって、企業倒産は深刻な失敗だが、
アメリカでは、倒産は日本ほど深刻な問題とはとらえられていない。
その背後には、ドイツや日本とは違う企業観がある。

日本やドイツでは、企業は人々の共同体であり、それを存続させることが経営者の責任であると考えられているが、
アメリカでは、企業は投資家が利益を得るための用具にすぎず、
その価値がなくなれば、市場から退場したほうがよいと考えられている。
存在意義を失いかけた企業を存続させようとするのは無駄な努力であり、
その努力は、ゼロから企業をつくることやよい企業をさらによくすることに使うべきだと考えられる。
そちらのほうが努力の効果は大きいからだ。企業の内部にある技術も同様である。
衰退しつつある企業が、その関連分野で技術の応用を考えるよりは、
それを社会に還元することによってもっと高収益の機会を見つけるべきだと考える。

 日本やドイツに見られる企業観を、経営学では「企業制度説」という。
それに対するアメリカの企業観を「企業用具説」という。
投資家だけを考えれば、企業用具説が正しいと考えられるべきだが、
なぜドイツや日本で企業制度説のような企業観が生み出されたのか。
ドイツの場合には、ワイマール共和国時代に台頭した産業民主主義のイデオロギーが、
その背後にあるといわれている。

日本の場合はどうだろうか。2つの背景がある。
1つは、従業員や取引先などの利害関係集団との長期取引の約束である。
もう1つは、明治の半ばごろの資本主義の成立以来、
日本に存在した反営利主義のイデオロギーである。

 企業制度説に従っている日本の経営者は存続を重視する。
そのために経営の安定化を図るような戦略が採用される。
事業を集中化すれば、もっと高い利益率を得ることができるのに、
経営の安定化のために事業の多角化を図る企業もある。将来への種まきである。

 写真フィルムと同じような縮退に直面した他の産業でも、日本企業は生き残りを志向してきた。
かつては天然繊維の紡績産業やレーヨン産業も、技術進歩に伴う需要の縮退を経験している。
造船業は、国際競争力の低下によって、市場の縮退に直面した。
テレビ市場が縮小してしまった家庭電器産業もこのような縮退に直面している。

続きます


3:のーみそとろとろφ ★:2012/06/03(日) 20:54:10.15 ID:???


>>2より
 これらの産業でも、日本の企業は存続を重視してきた。
イギリスでは、紡績企業は消滅してしまったのに対し、
日本の紡績業やレーヨン産業の企業は生き残っている。
われわれは、このことをよいことだと考えているが、米国流に考えれば、
ほかの用途に使えばもっと大きな価値を生み出していた経営資源を、
将来の成長機会の乏しい企業の存続のために使ってしまっているという意味で問題だと考えることができる。
企業が倒産するのは、経営資源を外に吐き出すという意味で社会の生産性を高めるという機能を果たしている。

 アメリカにはこのような議論をさらに進めて、つぶれてもよいという特性こそ、
株式会社のメリットの一つだという極端な主張をする人々もいる。
株式会社という制度があるからこそ、企業はリスクテーキングができるというのである。
企業用具説だから出てくる考え方だ。

 興味深い見方ではあるが、このようなやり方は、
リスクテーキングのつけを他のステークホルダーに持っていくという
意味で株主のモラルハザードを誘発するという問題がある。
しかし、そのような企業観を持つ投資家がいるということをよく知っておかねばならない。
以上です。


10:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:01:06.25 ID:JDyifsaT


コニカミノルタがデジタルカメラで生き残りを図ってるとは初耳だな


16: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/06/03(日) 21:11:48.17 ID:IMbNODPL


アグファってドイツだったのか


17:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:12:19.48 ID:9cpR0IfG


コニカミノルタってフィルムやプリント部分は撤退のあとブランド名だけ
DNPにゆずって、カメラはソニーに売って、写真業界からからはやばやと撤退さたんじゃ
アグファも一回消えかけたのをブランドだけ売却したって覚えが


25:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:27:03.97 ID:gbeYnCIl


>>17
アグファ、フジ、コニカミノルタともに医療・産業画像診断分野で活躍中。
フジはオリンパスがガタガタしているので内視鏡に注力している


18:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:13:38.99 ID:mFqQCiVr


富士フィルムは作り上げてきたフイルム技術を転用した
乳化剤は化粧品へ転用
フィルムのベースだったか?は液晶画面の偏光フィルター用のフィルム。
偏光フィルター用のフィルムは世界シェアは70%
当時、巨人のコダックはあぐらをかいていただけだけでは?
現在の富士フィルムの社長は
車が売れなくなったらトヨタはどうする?
を自社に置き換えて戦略してたってTVで言ってた


20:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:14:51.23 ID:tmbvS7hN


>儲けられなくなれば、速やかに市場から退場すべきだと考えるアメリカの
>投資家の期待通りの経営だ。

この企業観だと、事業継続性に疑義が生じた段階で解散して特許とかを売却して得た
残余財産を株主に分配するのが最善の解に思えるんだが。
コダックだって負債抱えて倒産したんだから、最後まで株を持っていた投資家は
投資をパーにしたと思うんだけど。それはこの企業観と矛盾しないか?

あとGMみたいに政府が乗り出す例もあるし(大きすぎて潰せないといわれる規模
ではあるが)。


140:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 06:57:22.64 ID:VDsz4lhS


>>20
同感。
記事にするまえに、2chでおまいらに事前に批評して
検討してもらったほうがいいと思うレベル。


22:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:17:12.40 ID:ZTwL/vFz


コニミノは合併したあとから、カメラ事業をSONYに売っぱらって、複合機コピー機とかのOAさんになったやん


23:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:18:29.89 ID:KpqCKSFm


日本も「集中と選択」というワードが持て囃されてこれからはわからんな。

富士フィルムは
あまり期待されていなかった富士ゼロックスという孝行息子がの存在が大きい。


45:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:51:58.67 ID:/qusxuTH


>>23
選択と集中の考え方は間違ってないよ
企業の体質改革と一過程としてはね

あと「集中」は、単に既存分野への注力という意味ではない。
新規事業も含めて、儲かる分野への注力という意味。
これさえ履き違えなければ問題はないんだが、日本の経営者の大半は履き違えてるんだろうな。


29:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:30:17.85 ID:PqjW8uFK


ライカは事実上破綻していると思うが。


137:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 06:26:26.03 ID:rq10jGHk


>>29
>ライカは事実上破綻していると思うが。


名義貸しだけで日本人から金を巻き上げるという
素晴らしく効率的な商売じゃないか!

さすが、真似下。


30:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:30:36.22 ID:l488bsnT


            /|  /|
        |ヽ /  |/ | ..
        | ∨       レ~ノ
        | _  (○)     /
      ..ノ~|uヽ   __....  /       ハ
   ノ ̄~  ヽフ^ヽノ~∪ノ_人       ノ |
 /~/~ノ ノ⌒ノ  ’ ヽフ~. - . \     / |
 |_ノ-ノ~ノ  ノ   / (   \\  /  ノ
 レ ∀   |   ノヽ  \   \ Y   /
         ̄~   |   >   ) |  ノ
            ノ ヽ/   /  レ~
          ノ~ノ~l    ノ ⌒ヽ|
          |ス.._.ノ ノ⌒| |~ヽ   ヽ
       _..─ヽ_レー一|||    ノ
      ∠ヽフ   ../  Vノ~~~~~\
       ∠ノフ ノ    ノ~ノ~ヽ |ヽ \
          レ~    ∠)ノ⌒~ヽフ⌒ヽフ


34:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:37:40.26 ID:di19xPGp


コダックはデジカメやる気なかったもんな
製品は面白いもの出してたけど


46:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:54:22.65 ID:iB4HxkWQ


>>34
そりゃ自分の首を思いっきりしめる商品だからな


38:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:40:48.26 ID:mA8AG7wU


> 写真フィルムはかつて世界で4社しか製造できなかった商品である。

イルフォードは?


48:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:56:09.49 ID:/WclRSIy


>>38
知らないだけだと思うよ。
個人出来には、イルフォードのマルチグレードにはかなり世話になった。
↑印画紙だけどね。

フィルムメーカは細かいメーカ含めたら20~30はあった記憶がある。


49:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 21:56:11.67 ID:l2G/Cf42


>>38
>> 写真フィルムはかつて世界で4社しか製造できなかった商品である。

写真フイルムのコーティングは25層ものコーティングを 真っ暗な工場でやるんで
この技術が4社しかなかったんだよ。
液晶の偏光フイルムも このコーティング技術の延長、他の3社は写真フイルムが廃れると同時に
この技術モ捨てちゃった


112:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 01:08:48.14 ID:DgAkixAt


>>38
>> 写真フィルムはかつて世界で4社しか製造できなかった商品である。

>イルフォードは?

三菱やオリエンタルもフィルムを作っていたよね。
寡占4社には入ってないけど。


55:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:05:16.67 ID:HwY1tFkl


アメリカなんて200年のひよっこ国家。

1000年単位で物事や社会を考えられない。底の浅い国。

今だ刀狩も出来てないから そこらじゅうに銃器がある。


58:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:07:36.36 ID:kkvQhsqJ


確かに日本式の方が企業は長生きするだろうが、その代わり、
アメリカ式の方が優秀な人材は社会で有効活用されて、
お金も流動性を持ち、社会全体としてはプラスになるんじゃないのか。
日本企業を見ろ、赤字垂れ流しの企業で残業代もカットされて
過酷な条件で働き続けてる優秀な人材のなんと多いことか。


59:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:09:43.87 ID:AJlSyUcV


>>58
「優秀な人材」ってのが、そもそもアテにならない概念なんだよね。


61:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:26:30.25 ID:2XcCxtKP


模範解答など無いさ
生き残った企業が正義


64:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:31:12.13 ID:rFUBPPnz


アメリカみたいに投資家と労組が強すぎるのも問題だな


80:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:56:29.12 ID:IlWw+cwl


>>64
日本も組合強いだろ。労働者が搾取されてた過去の産物だし今は不要。
ヨーロッパ方面の全失業率と若年層失業率の差が倍以上ある国は精度含めてもっと酷いと思うが。


74:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 22:48:01.52 ID:9uf3OQur


ここ最期に国内メーカー向けに高級デジタル中判カメラ向け大型CCD
イメージセンサーを配給してたね。破産と言ってもいろんな分野が出直しで再生されるんだろう。
円高で日本企業が買収?

それより米国内で秘密に実験用原子炉を持っていたのには驚いた。


81:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 23:00:18.91 ID:IlWw+cwl


歴史的には株主会社って永続目的じゃなくて
1回限りのプロジェクトとして考案されたものなんだよね。
ヨーロッパからインド方面に航海する資金を投資家が出し合って
成功したら収益は山分けして解散。
失敗したらもちろん全出資額を失う。ついでに船員は命も失う。


84:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 23:12:40.99 ID:4sM7xDja


>>81
現代においては株式会社であることはある程度の事業規模なら必須だから、やっぱり上場=企業用具説、非上場=その他様々な経営思想ってことで住み分ければいいと思うんだ。

或いは制度説専用の市場を新設するか(多分資金は集まらないと思うけど)。企業制度説を取りたいなら国や自治体に株主になってもらうのもいいだろう。

用具説のモラルハザードを懸念しているけど、実のところ本来用具説前提の市場で制度云々のために株主軽視する経営の方が余程モラルに反する行為だと思うんだけどね。


86:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 23:21:26.48 ID:0Jvx/iHm


>>84
そうそう、使い分け。
用具説のいいところと、制度説のいいところ。
いいとこどり出来れば日本最強。
難しいけどな


83:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 23:08:57.90 ID:cEay1kEs


しかしアメリカでは失業しても再就職可能なのは、なぜだろう
日欧だと失業したら自殺まで考えるのに、米だけへっちゃらとはな


94:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 23:54:33.39 ID:VNum0EX9


>>83
労働の画一化が図られていて同業他社に移っても一からやり直す必要が無いからだよ
日本だとトヨタから日産に転職したら会社システムが違うから一から覚えないといけない部分が多々ある
終身雇用を前提なら正しいけど非正規を増やすなら産業側も考えないといけない問題だろ
まあそれにしても米国では国民の15%がフードカードプログラムを受け生活保護状態で生活保護費用が7兆円近くかかっているのも現実だよ
米国が上手く行っている訳でも無いから


96:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 00:03:53.83 ID:Gq0IFQIF


>>94
> 生活保護費用が7兆円近くかかっているのも現実だよ
>
人口比率を考えれば日本より優秀じゃね?日本は3兆って話だし。


99:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 00:08:24.19 ID:/ZiGMm3M


>>96
半分以上は医療費だよ日本のは
あと教会のチャリティーもあるし高額所得者だと年収の1割はそのチャリティーに拠出しないと村八分で生きていけないから
まあ医療保険は深刻な問題ではあるけど米国では


100:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 00:12:25.43 ID:Gq0IFQIF


>>99
日本の場合、生活保護者の医療費を加えると4兆になるそうだぞ。


88:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 23:41:42.38 ID:cU82bVn9


日本の場合

経営者に対して=企業制度説

社員に対して=企業用具説

両方の悪いとこ取り
社会が停滞する


91:名刺は切らしておりまして:2012/06/03(日) 23:49:39.21 ID:+Rf/uYBJ


フィルムは滅茶苦茶儲かる。コダックはその麻薬の味を忘れらなかった。
コダックが最後にやろうとしていたことは、プリンタ事業。フィルムの代わりに、インクで儲けようとしていた。
三つ子の魂100までも。asa32くらいの浅知恵だwww


105:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 00:42:09.66 ID:Wl6WIdmD


>企業買収という形で事業の多角化を図ったが、
社内技術の深耕や幅の拡大にはそれほど熱心ではなかった


原発一辺倒で自国の大体エネルギー開発をせず
ただ安い国から電気も原油も買えば良いだけじゃんとか言ってる日本と同じだな


108:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 00:52:00.07 ID:SPOx21ae


富士フイルムもかなりラッキーなだけだけどな
医療や化粧品の買収も将来的にどうなるか分からない
会社に投資をしてると専門家はみているがね


109:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 00:57:23.02 ID:8v9LeKIx


もはや富士フィルムなしには病院は成り立たない


117:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 01:20:44.77 ID:2eR60hNR


その代わりにグーグルもアップルもMSも生まれた
IT関係は全てをアメリカ企業が牛耳ってるようなもの

ソニー以降日本にそんな企業は生まれていない


124:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 01:51:12.48 ID:JoaMuvm4


実際に会社潰した経営者が作った会社って成功する確率高いものなのかな?

やっぱ起業家がしょうもない会社をバンバン作って
(ほとんどはダメダメだが)そのうち何パーセントだけは世界的に成功するのを奨励して

でクソみたいな多くの企業に雇われた従業員は路頭に迷ってもおkなんてのは
日本人(だけじゃないと思うけど)の価値観に合わない


125:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 02:04:00.67 ID:JOAbtH6e


>>124
海外で成功してる企業家は何度も倒産経験がある場合が多い
日本はワンアウトで退場だから経営者が育たない


143:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 07:36:52.73 ID:jwwktvFz


>>125
日本がワンナウトで退場って、本当なの?
何度でも会社作って、潰したり清算してってやってる人いるぞ。普通に。

単に、普通の人には資金を集める詐欺力が無いってだけでしょ。
そして普通じゃない人なんてどこにでもいるよ。


134:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 06:11:44.50 ID:BO2ZgoUz


>>1
>日本やドイツでは、企業は人々の共同体であり、それを存続させることが経営者の責任であると考えられているが、
>アメリカでは、企業は投資家が利益を得るための用具にすぎず、

元々ゴーイングコンサーンはアメリカで誕生した経営管理理念じゃんw

だらだら長い記事書いてるけど、
80年代に経営の金融ビッグバンがアメリカ規制緩和で一気に広がり、
金融立国になって資本の究極流動資産化が蔓延しただけだろw

だからその後ITバブルを虚演しサブプラで破たんし、
CO2取引にからむ環境デリバティヴにつけ回ししようとして
日本の大震災福一ショックで破たん。
恐らく今年後半以降、またアメリカは不況に落ちいるw


138:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 06:38:27.69 ID:G0N2mF7M


ニコンとデジカメ開発したんだからニコン引き取ってやればよかったのに・・


149:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 08:25:27.98 ID:eAv3WS8B


結果
アメリカ・イギリスの工業は衰退し、日本・ドイツの工業は勝ち組となった
アメリカの最先端技術は国と大学が主体となっている
日本は企業も国も主体となっている

結論
日本・ドイツが正解


158:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 10:46:46.50 ID:KAt8nIRy


グーグルやマイクロソフト、ヤフー等次々に新しい大企業を
生み出してるアメリカだけに説得力がある


161:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 11:28:08.03 ID:Mjc+gAoK


>>158
日本も楽天とかソフトバンクとかカルチャーコンビニエンスクラブとか、色々生み出してますが・・・
マイクロソフトの時代だと富士通なんて会社も、当時は富士電機の一子会社でしたし。


162:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 11:56:30.80 ID:KAt8nIRy


>>161
しかしグローバルなIT企業はひとつもない
全部日本限定のガラパゴス企業ばっかだよね


175:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 13:38:27.16 ID:Mjc+gAoK


>>162
そりゃ、ITっつーか、サービス系の産業は言葉の壁や文化の壁がでかいからね。
英語圏・中国語圏の大きさが異常なんだよ。


164:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 12:06:08.14 ID:Po8GVMIz


他と富士写真フイルムとの技術格差が広すぎるだろ。
たぶん、富士は写真関係じゃもう利益出ていないじゃないか?


168:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 12:23:32.69 ID:RHfQ1kLk


>>164
写真てーかフィルム関連事業だろ?
ところがどっこい液晶DSPのコア部材の液晶フィルムは
富士フィルムが世界でほぼ独占。
ナイロンにおけるデュポン並の巨人。


170:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 12:29:06.87 ID:Po8GVMIz


>>168
写真だよ、自分が言ってるのは
もう富士は精密素材企業だろうね、世界的な企業だ。


183:名刺は切らしておりまして:2012/06/04(月) 21:46:59.86 ID:xWtk/gY3


珍しく適者生存という進化論的な企業論が生きるモデルケースだな。
経営学者とか喜んで授業に取り上げそう。






関連記事


[ 2012/06/05 18:52 ] 企業 | TB(1) | CM(7)
上場企業と非上場企業との違いにも目を向けようよ。
上場すりゃ、日本でもほぼ用具化されてる。
逆に非上場ならアメリカでも制度化されてる。
あえて言うなら、上場してるにもかかわらず、株主が軽視されてる日本が歪んでるだけ。
[ 2012/06/05 19:09 ] [ 編集 ]
ゴルダックに進化できなかったからだろ
[ 2012/06/05 19:14 ] [ 編集 ]
コダックもこれで頭痛に悩まされなくて済むわけか。
[ 2012/06/05 20:23 ] [ 編集 ]
初期のデジカメでは独特なコダックカラーの
表現力でファンが多かったんだけどな。
使い勝手は最悪だったけど。
[ 2012/06/05 20:40 ] [ 編集 ]
強いものが生き残るのではない、変化に対応できるものが生き残るのだ。
[ 2012/06/05 21:31 ] [ 編集 ]
バブルの時、多角経営に目もくれずに評論家()に馬鹿にされてたトヨタが一人勝ちした例もあるからなあ。
[ 2012/06/06 07:30 ] [ 編集 ]
上場は用具説、非上場は制度説って面白い考え方だな
上場の価値は相対的に落ちてるし制度説に則りMBOでもする企業が増えてもいいと思う
[ 2012/06/09 00:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【なぜコダックは破綻したのか 日独とは違う企業観】
【光学】なぜコダックは破綻したのか 日独とは違う企業観 [12/06/03] 1:のーみそとろとろφ ★:2012/06/03(日) 20:53:56.92 ID:??? 写真フィルムの巨人、米コダックが倒れた。一方、日本の富士フイルム、コニカは事業の多角化によって生き残りを図っている...
[2012/06/08 14:37] まとめwoネタ速neo
このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。