株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9歳でアメリカの大学に入学した「天才児」矢野祥さん(21)、シカゴ大で2つめの博士号取得 このエントリーをはてなブックマークに追加

【話題/学術】9歳でアメリカの大学に入学した"天才児"矢野祥さん(21)、シカゴ大で2つめの博士号取得 [06/09]

1:ライトスタッフ◎φ ★:2012/06/09(土) 22:58:36.42 ID:???


9歳でアメリカの大学に入学し、「天才児」と注目された矢野祥さん(21)が、
アメリカの名門・シカゴ大学の医学部を卒業し、2つ目の博士号を取得しました。

矢野さんは12歳の時、大学を最優秀の成績で卒業、18歳でシカゴ大学の
分子生物学の博士号を取得し、その後も医学部に入って勉強を続けていました。
21歳での医学博士号取得は、シカゴ大学の歴史の中で最年少の記録だということです。

◎TBS ※ニュース動画あり
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5051048.html



2:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:00:31.56 ID:/w+l9tXo


すげぇ


6:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:03:41.74 ID:jDQiWSzy


神童は普通の人になる場合が多いっていうけど、
普通の人になる年齢が思いっきり遅いだけだとしたらうける


8:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:04:36.40 ID:CUelwf//


見た目がすでにおっさん


9:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:05:08.42 ID:6t51MbVC


要するに
そういう天才になれるかどうかは
家庭環境がデカいじゃねーーーーーか
結局はカネかよ
ありえねぇ


60:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:42:12.07 ID:9pMqQN77


>>9
経験上、やっぱ遺伝によるとこがでかい
要するに頭が良い親=高収入=良好な環境&遺伝による才能
この循環が続くだけ。
貧乏人の家族が代を重ねても貧乏というのも逆パターンの循環にすぎない。


64:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:47:55.80 ID:zHT/Q3Qa


>>60
貧乏の負の連鎖は環境だと思うな
ある程度一般的な知能を持ってたらあとはもう環境だよ


70:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:57:42.53 ID:FzePPczT


>>64
母親の頭の良さと
子供の頭の良さは比例するよね。


89:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 00:10:22.13 ID:OdyDVJkT


>>70
父母のどっちが頭良いと子にいくかっていうのはないな
ただ、どちらかという頭の良い奴は頭の良いパートナーと得がちな感じ。
頭の悪い女が玉の輿にのるというのがいかに難しいか、現実が教えてくれてるわけで。


10:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:05:36.66 ID:JRSWdb+7


一般人と何が違うんだろうな
脳の回路が違うんだろうな


13:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:07:09.52 ID:9J/761bM


お前らとどこで差がついたのか


17:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:08:48.70 ID:CUelwf//


>>13
俺は人の2倍頭がいいけど、その分半分しか勉強しないし働かない
俺みたいな奴結構いると思う。


33:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:23:44.64 ID:jDQiWSzy


>>17
まるで俺の人生を見てきたかのような鋭い分析だな


35:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:24:29.99 ID:JGCSbW/g


>>17
全く勉強しないで遊んでばかりなのに成績はいつもトップクラス
周りの大人からは天才だの神童だの博士だのと言われ、
ろくに努力しないまま生きてきて、気付いたらこのザマですよ
オレはもう手遅れだけど、伸びる子にはどんどん機会を与えてやって欲しいね


50:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:35:13.51 ID:OMK6Wa0q


>>35
そんなやつごまんといる
努力してないだけと言って自分の限界を見ようともしないやつは
明日から本気出すと言ってるニートと本質的には変わらん


53:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:38:14.16 ID:CUelwf//


>>50
つーか、努力も才能だから。それを知った時が限界を知った時なのさ。


14:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:07:13.30 ID:cM4OqSiW


医学博士か、京大の山中教授に協力してIPS細胞研究が劇的に進む なんてなればいいのにな


21:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:17:11.71 ID:WL3oruUV


たまに思うんだが、予備校講師の子供って優秀なの多いんだろうな。


37:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:26:09.18 ID:n8G1lGPt


>>1
大したもんだな。 でも、博士号の中身は知らないが今のところは学歴の
延長に過ぎないんじゃないの? 画期的に新規な発明発見で世界に寄与
したら、本当に尊敬する。


42:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:30:14.50 ID:yABM+hDt


確か、納豆を毎日食べてる子なんだよな。


43:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:30:16.93 ID:g7VdJlSD


大学に12年在籍ってことは
人生の半分以上が大学生活か


71:名刺は切らしておりまして:2012/06/09(土) 23:58:30.61 ID:lV30mzw9


なんの成果も出せずに終わるって言ってるやついるけど、ドクター取るためには成果が必要なんだからな?


80:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 00:03:00.48 ID:hLHc5nL/


>>71
そんなことねえよw

博士取ってゴミ論文量産なんてたっくさんいる。
それがMITやハーバードでもね。


87:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 00:06:59.70 ID:DuJyrauF


天才なのはわかった。

はやくその能力を社会のため、学術の向上などに使ってくれ。


88:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 00:09:23.14 ID:U2T9B6g+


日本の難関大学より難関、入るの卒業も。
ただ試験の点数だけよくても、入学させてもらえないし
卒業させてもらえない。


90:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 00:10:48.57 ID:WyPW4WPf


こういう人の頭のよさは日本的な暗記力とは関係ないから
日本社会では生まれないな

人と違う考えを持つとすぐに矯正されるし


93:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 00:13:49.77 ID:DC7Nx/Pm


>>90
日本の大学でも上位は暗記力だけでは評価されないよ。
あと、アメリカでも暗記力のない奴は評価されないと思うが。
ってか、暗記力がないと勉強も思考も出来るわけない。

あとよ、人と違うってだけで評価すると、そいつは危険な道へと進んでいくぜ。


105:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 00:35:49.61 ID:uW4YM9X7


いやビジ板じゃねーか・・・東アに立てろよ・・・


120:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 01:02:14.64 ID:vr/vX7/g


なんだ。俺らと同じじゃん

http://www.odekake.us/index/brilliant_people11.htm
>ガールフレンドは?

>いませんし、今はあまり興味をもっていません。


135:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 01:23:56.13 ID:CcLn2vHF


天才ってよりも『神童も大人になればただの人』の早熟の秀才タイプだろうに
脳には総合能力限界にリミッターがあって、これを超えると天才が生まれる
ただし、限界を超えると例外なく対人スキルが落ちるなどの特異な歪みが生じる
一般にアスペルガーに代表される症例だが、彼らの生まれる家系は共通点が多い
知的労働者の多い非常に知能の高い家系で、発症が極端に男系に偏っている事

ちなみに天才と秀才の違いは独創的な視点・発想力・ひらめきを有しているかどうか
面白いのは記憶力が良くなるほど発想力が貧弱になるとの脳科学の研究結果があることかな


149:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 02:26:24.21 ID:3R0BQN+O


>>135
それは限界超えてるんじゃなくて、他の能力へのリソースを減らして、頭の回転とか理論力とかに脳みそのリソースを回してるだけだろ。


157:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 03:05:05.20 ID:TdZ3fcP9


>>135
フォン・ノイマンはとんでもない記憶力の持ち主だったらしいが。
本当の天才は記憶力と発想力を併せ持ってるもんだ。


145:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 01:54:55.70 ID:eQj4zGS2


経済学部でなくて良かった。


167:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 05:14:59.50 ID:khMfgv2L


>>145
ほんとにそうだな。
経済学は非現実的な前提をおいて科学的っぽくみせているだけだもん。
権威を振りかざしたパズルあそび。博士(経済学)の自分が言うから間違いない。 


175:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 08:34:10.08 ID:UlPWlQER


ここからが研究者としての本番。


190:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 10:04:02.92 ID:OYFWguyj


ノーベル医学生理学賞を受賞した利根川さんがスイスの研究所に在籍してた頃
凄まじい「天才児」が同僚にいたらしいんだよ。外国語が数ヶ国語ペラペラで
理系の学問すべてと数学に精通していて、哲学や文学の豊富な知識もあって
研究員たちの相談役みたいな感じで活躍してたそうだけど、本人の科学者と
しての業績はさっぱりだったそうな。利根川さんが言ってたけど、神様は
公平だから、いわゆる創造性は頭脳の劣る奴に与えられてるって言ってたよ。


226:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 12:06:30.27 ID:hIrTpVMc


>>190
じゃあ利根川博士自身はどうなの?
当然のように幼少期から勉強はトップクラスでありながら、
ノーベル賞取るだけの創造的業績は挙げてるわけだし。


228:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 12:20:11.38 ID:DlSp7sMr


>>226
利根川さんが言ってるのは
(業績)∝(頭の良さ)×(創造性)
で、頭が良すぎる人は創造性が無くてダメって事じゃ?

・頭が良くて創造性もソコソコ有る。

・頭はソコソコだけど創造性が有る。
が業績を残せるって事で、利根川さん自身は前者では?


196:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 10:29:06.09 ID:7Dd3QxWq


まあ、理系の天才はアスペっぽいのが多いから、あまり業績とか世の中の役にとか拘らず自分の関心領域への没頭で終わってしまうパターンも多いだろな。
ただ、逆に業績が多い凄い科学者数学者の多くは、幼少時よりその片鱗が見えている。必要条件であって十分条件ではない、という事だろう。
アインシュタインは子供の頃から12で微積分をマスターする天才だったし、古くはパスカルもまた幼少時より天才だった。
彼らみたいなのは、その「関心領域」が、時代の需要にマッチしたというところだろう。
まあ、そういうのは他の分野でもそうなんだろけどね。芸術でも、天才的でもパトロン見つからず資金続かず断念って奴も多かったろうし、「埋もれた天才」は市中に多かろう。


201:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 10:45:25.06 ID:OYFWguyj


>>196
でも、科学者・学者として大成した人達は、幼少時に天才の片鱗を見せつけ
ながらも、学校の成績そのものは総体としてはたいしたことなかったという
場合が多いけどね。
日本人で科学部門のノーベル賞を取得した人達を見ると、浪人して大学に
入ったり、あるいは、大学での成績は極めて平凡だったりという人達ばかり
なんだよ。


203:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 10:51:23.02 ID:2y/VAW2i


>>201
それは入力と出力の問題だよ。
両方同時にこなすタイプもいるってことさ。
入力だけの奴は要するに芸を覚えるのが早い犬w


204:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 10:54:23.21 ID:B2vCYBnc


>>203
まぁ研究を一つまとめるには膨大な数の実験こなして理論や発明が
破綻の無い事を証明しなくちゃいけないからどうしても長期間になる。
偉大な発明や発見は着眼点とかが重要なんだろうけどね。それが創造性につながるんだろう。


200:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 10:39:59.84 ID:rfHtkXSr


この手の天才児が、偉大な発見したとかビジネスで成功したとか、そういうデータはないのかな?


205:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 11:01:43.39 ID:7Dd3QxWq


>>200
途中で消えちゃった人を調べたりは難しいから、既存の有名人の幼少時のエピソード探るしかないわな。
実際に、どの程度の割合で「残る」のかは興味があるが、データとしてまとめるのは難しそうだな。


209:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 11:09:54.11 ID:OYFWguyj


>>200
「十歳(とお)で神童、十五歳(じゅうご)で才子、二十歳(はたち)
過ぎればただの人」
ということわざがすべてを物語っていると思いますよ。


212:名刺は切らしておりまして:2012/06/10(日) 11:27:22.67 ID:ez9Gw1XX


>>200
経営、政治家のように、知識量、情報処理力だけでは、足りない複雑な分野はともかく

科学分野は、天才が天才人生を突っ走って、偉大な業績を残しているばかりだよ。






関連記事


[ 2012/06/12 07:32 ] 教育 | TB(0) | CM(8)
医学より工学に生きてほしかった
[ 2012/06/12 08:28 ] [ 編集 ]
昔ニュースになったときは散々「二十歳すぎればただの人」と嫉妬されまくってた子か。
[ 2012/06/12 10:19 ] [ 編集 ]
矢野さんwww講演に高校きてたwww
[ 2012/06/12 10:34 ] [ 編集 ]
自分の興味ある分野だけしかしないから、気がついたら周回遅れになるんだよな
アインシュタインも最後は酷いものだったし
[ 2012/06/12 11:00 ] [ 編集 ]
嫉妬による皮肉って醜いね
凡人以下が天才の行く末なんて気にしなく大丈夫だから職安いけよ
[ 2012/06/12 11:39 ] [ 編集 ]
確かアメリカに納豆好き日系天才児がもう一人いるよ
国内では天才児の芽を潰し底上げするが能力は伸ばさない糞日教組
[ 2012/06/12 23:02 ] [ 編集 ]
しかし昔から神童だの言われていた人より問題児扱いされていたり貧しい環境だった方が
意外と歴史に名を残していたりするのはなんだろうね
憎まれっ子世にはばかるみたいなもんだろうかw
[ 2012/06/13 11:06 ] [ 編集 ]
これ、父親は日本人だが母親は韓国人だが、コメントしてる奴等わかってんのか。
実質アメリカ人だから俺はどうでもいいが。
[ 2012/06/13 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。