株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

従業員が発明した特許権、これまでは従業員側にあったが今後は企業が保有することに このエントリーをはてなブックマークに追加

【知財/行政】従業員が発明した特許権、これまでは従業員側にあったが今後は企業が保有することに--政府、基本方針を閣議決定 [06/07]

1:ライトスタッフ◎φ ★:2013/06/07(金) 22:45:33.84 ID:???

政府は7日、「知的財産政策に関する基本方針」を閣議決定した。

従業員が業務で発明した特許権について、従業員が権利を持つ現在の制度を改め、
企業が保有できるようにすることが柱だ。特許法など関連する法律の改正などを検討し、
2014年度中に結論を出す。

現在は、業務で発明した特許権は社員側に帰属し、権利を譲渡したり、会社が特許により
利益を得たりした場合の対価を、企業と社員が話し合って決める仕組みになっている。

ただ、青色発光ダイオード(LED)を巡って日亜化学工業に対し、200億円を発明者に
支払うよう命じた東京地裁判決(2審で約8億4000万円で和解)もあり、企業側の
負担が大きいことから、経済界から特許権を会社側に帰属させるべきだという声が上がっていた。



◎関連スレ
【知財/戦略】特許出願数世界1位 : 中国の"実態" [06/06]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1370507561/

【知的財産】違法コピーの“ブラックリスト”、中国に公開要求 経産省など知財対策強化[13/06/06]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1370474897/

【知財】米オバマ政権、「特許権トロール」規制強化を図る方針 [06/05]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1370391917/

【知財/政策】特許審査「待ち時間」を大幅短縮 認定3年以内に--政府、迅速な海外申請支援 [06/03]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1370215177/


3:ライトスタッフ◎φ ★:2013/06/07(金) 22:46:31.89 ID:???

ぐぇ、ソース貼り忘れた

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130607-OYT1T01112.htm

4:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:46:35.13 ID:vcNAquZL

さすが企業の犬自民党

5:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:46:36.02 ID:lWTwk6Bd!

会社って何なのさ?何がそんなに偉いんだ?

6:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:48:47.21 ID:1ZdP/GRy

企業が外国に買収されたら

10:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:50:03.01 ID:wuUnhAqW

>>6
企業よりも個人の方が余程買収されやすいだろうが

18:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:53:31.07 ID:SOD9I5XP

>>10は企業秘密と公開前提の特許が分別できてないらしい。

9:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:49:50.51 ID:SOD9I5XP

これが決定打。
もう国内企業に残る研究員はカスばかりになるね。

16:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:53:09.84 ID:13ml51ks

>>9
アメリカでも、企業だろ、こちらが普通だよ。

21:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:56:32.51 ID:SOD9I5XP

>>16
なんでも都合のよいようにアメリカを連呼するけど、フォーブスに載るような企業の主席級の研究員の年俸は100万ドルでも最底辺レベルですが?

216:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 03:36:45.60 ID:2nvWYRZr

>>21
それならどんな法律にしたって優秀な人材はアメリカやシンガポールいくよ
日本じゃ経営者だって年収数千万だってのに
日本の労働者が奴隷っていうけどアメリカで数億、数十億もらってる経営者から見れば日本の経営者すら奴隷だ

それでも日本は経済発展できたんだからこれからもこの戦略でいけばいい
あるいは戦略を転換してアメリカ型の超格差社会を作って優秀な人材を引き留めてもいい

12:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:51:58.45 ID:GB3pxMZA

サムソンとかに流れる日本人技術者の例もあるしな

78:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:45:08.81 ID:fe/gL+aG

>>12
機密売り渡した時点で処罰する法律作った方がいいだけじゃないのか

13:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:52:41.98 ID:W/uzoZum

自民は企業を国民の副統治手段として利用しているからな。ここに気付かないと。

19:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:54:35.07 ID:0TrBeafv

>>13
そして用済み後すぐにポイ捨て

15:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:52:50.28 ID:Tacax0vx

まあ正論だろ。
もしそんなに価値があるんなら自分で起業すればいいって話だし。

20:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:54:54.34 ID:clKv9Aak

まあ企業はその従業員に投資してる訳だしな
だからと言って薄給じゃ技術力のある人は出てくだろうが・・

22:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:57:13.07 ID:b3cN/M/a

会社の金で研究して成果は独り占め、はさすがにおかしい。
対価を要求するにしてもどっかで線引きは必要。

24:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:57:46.59 ID:+8XV2oNW

そりゃそうだろ、会社の金使って研究して作ったんだから
それが嫌だったら自費で開発すりゃいいのさ

29:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:59:04.43 ID:T5j/co6e

>>24
能力ある日本人は海外行っちゃうけどいいの?

34:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:02:56.59 ID:PyQK16mw

>>29
海外に活かせないようにするのは、日本政府の仕事。

35:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:04:01.65 ID:+8XV2oNW

>>29
いきたい奴はそんなの関係なしに行くけどね
自分で会社を起こすことも出来ない、他人頼みの能無しは海外へ行っても良いと思う
アメリカ辺りでそんなに能力が有る奴は自分で会社を起こしてないか?

67:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:33:27.35 ID:eYdMhq7K

なんだこれ
どう考えても企業の開発力が落ちるだけじゃね?
実際に研究してるのは人間なんだからさ

>>29
たとえ海外へ行っても成果が上がれば回りまわって人類全体の役にたつし、
その個人や個人を引く受けた企業は儲かる
しかし単にモチベーションが落ちて100%の能力を発揮しなくなる比率の方が高い気がする
企業も個人も幸せになれないし、人類の損失だね

167:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:30:19.92 ID:sdUmHr8C

>>67
その通り。
これまでは少なくとも発明者としての名誉は護られたから働いた側面がある。
でもそれさえなくなったら、カスと文系バカしか企業には残らない。
で、文系バカが期待しているように、自分で起業する理系王国が実現するよw

28:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 22:58:48.62 ID:BMGB5pve

従業員は会社で発明を完成させない。
退職後に発明を完成させて個人で出願。

31:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:02:45.87 ID:74dmGBJn

嫌なら起業しろや。

まあ起業して特許取ったところで、零細相手となると大手企業は平気で特許侵害してくるけどな。強い弁護士立てて。
逆に訴えられて破産して、世の中の理不尽を死ぬほど味わえ。

201:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 02:44:15.35 ID:0d1s55Ma

>>31
そしてチョンのホワイトナイト(笑)が出てきて零細から特許の使用許可を安く買って強い弁護士出してくるんですねw

205:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 02:55:47.39 ID:shN3CrS6

>>31
それで日本全体の利益になるならまだ良いけど
どう考えてもなってないだろ
衰退、弱体化の推進力にはなってるけど

37:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:06:04.11 ID:pyNbSXJc

同業の外資と橋渡しする仲介業が大繁盛するだろ
東芝の開発者が仲介者を通してサムスンに売るとか

39:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:08:06.14 ID:xg1dnYt8

わざと別の特許を侵害するように設計したり、侵害するような別の特許を
自分で申請して、パテントトロールに売り払う例も出てくるだろうな。

66:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:32:33.23 ID:QOjWDvD4

>>39
自民党(民主党は論外)が推奨している社会のあり方ですな。
従業員個人個人も経営側も違うんだから、出し抜ける場合は出し抜くことは
なんら問題なし。

43:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:12:07.53 ID:CHjR+2Zm

まあこれが実現すると発明の最終段階で転職または独立する社員が増える
そういう優秀な社員を社外に逃がさないようにするために
企業側も優秀社員の囲い込みをするだろうね。
これはこれで一つのやり方だと思うけど

50:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:18:11.38 ID:xnjtVA+5

>>43
これまでの経緯を見てだな、日本の経団連で群れている連中がそんな事をすると思うか?

44:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:12:15.43 ID:gh9c9lX2

それはそうだろ。
会社の給与貰いながら研究開発して、その結果が何故個人に帰属するんだよ。

62:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:28:21.14 ID:xnjtVA+5

>>44
発明をはじめとした創作活動は自然人たる人間にしか出来ない。
いくら、最新のスーパーコンピューターを導入しようとも、何もない白紙の状態から
物事を考え創作できるのは人間だけなのよ。
ある意味、特殊な能力であるのだが、その能力で完成したものが無条件で会社の物に
なることに何の抵抗も無いのかね?

45:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:13:22.73 ID:F+S+RH0e

まあ日本人で本気で研究する奴は益々減るんじゃないの
社内政治に明け暮れるクソ共の給料を稼がなきゃいけない理由がないからな

46:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:13:33.42 ID:j4HsKNgS

これでは誰も発明しなくなるよねw
完成しかけたところで全部寸止め&海外企業に。

まっとうな報奨制度構築してからの話だな。
まともに機能するのは。

47:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:15:01.55 ID:tTTUumBs

優秀な人は日本から逃げて行くんじゃないか。
これはいけそうだと思ったら、それを抱えて米国企業に転がり込むとか。

49:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:16:29.52 ID:fJQ1oXC3

技術立国とかいいながらこういうことをするんだからな。
立派な物を開発した人間には、金を出さない。
何も作ってない文系人間だけ儲かるわけだ。
経団連に迎合しているだけの自民には票は入れないわ。

58:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:25:42.85 ID:gh9c9lX2

>>49
十分な報酬を貰えるだけの実力を持って、企業と自分で交渉しろよ。
嫌なら退職したら良いだけの話。スカウトもあるだろ。

68:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:39:09.49 ID:eYdMhq7K

>>58
大半の研究者はそんなにカネを欲しがってないが、
企業は成果がゼヒ欲しい

求める側がカネを払わずにすむ法制度なんて経済原理に反してることやって、
経済的に伸びるわけがないと思うんだ

52:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:19:29.21 ID:pyNbSXJc

社員のやる気をどうやって引き出すんだ?

俺だったら働かないぞ。

242:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 06:00:19.64 ID:hnDbwGrr

>>52
そうだよな
どうせやっても無駄だから適当にやって終わりだよな
本当になんかやりたいなら個人で別のことやるわ

255:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 06:40:06.25 ID:GxKNiUwU

>>242
サラリーマンやめて自営業やるしかない。
労働市場が裁判所のせいで硬直化しすぎているから、
能力があるならサラリーマンやる意味無い。
サラリーマンで稼ぎたければ解雇自由の英米に移住すればいい。

261:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 07:02:58.24 ID:M1Kw5Lyb

>>255
EU圏でも北米でも、特許権は開発者のもの。
ただ企業と開発者の契約によって譲渡なり独占権なりの例外があるという状態。
今回政府は、日本をガラパゴス化しようとしているってことだ。

そもそもこれまで特許権が開発者にあったのに、研究開発企業は全部外国に移転してるか?

日亜の件でもそうだが、数百数千億の利益を生み出す発明をしても、開発者には数万円の手当だけ。
それなのに、経営陣には巨額の報酬。
そんな銭ゲバ経営者どもが、お友達の自民党に捻じ込んでやろうとしているのが今回の改正。

自民の連中も断れないだろうから、内心はマスコミや国民が大批判して改正案を潰してくれって思ってるだろうな。

279:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 09:03:32.49 ID:YP9viP3w

>>261
> EU圏でも北米でも、特許権は開発者のもの。
> ただ企業と開発者の契約によって譲渡なり独占権なりの例外があるという状態。
アメリカだと職務特許は会社のものが普通だと思うけど、、、

291:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 09:28:46.35 ID:kIRfpdKn

>>261
>日亜の件でもそうだが、数百数千億の利益を生み出す発明をしても、開発者には数万円の手当だけ。

世間一般のこういう誤解って何とかならんのかね?

「数百数千億の利益」ってのは
特許1件さえあれば作り出せるとでも思ってるのかな?

日亜の件は
 ・404特許が結晶成長のブレークスルーになった点はスゴイ
 ・他の課題は中村氏以外の社員の成果で解決
   (「Mgドーピングによるp型化」「電極形成」「積層構成の工夫」「蛍光体材料」「量産化技術」などなど)
 ・量産には404特許が使われてない
 ・購買、量産、広報、営業、販売、は全て中村氏以外の社員によるもの
って状況なのに
「404特許の貢献度は100%」とか言い張るキチガイっぷりだぞw

53:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:21:35.61 ID:MzaHD+vw

会社の金で研究開発している以上会社側に帰属するのは当然、
それはそれでいいですけど

研究者の血と汗と涙の結晶である技術を
安易に海外に流す経営者の責任はなぜ問われない?

会社のものである以上、経営者個人のものでもないのに。

59:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:25:53.09 ID:SOD9I5XP

>>53
そりゃ、金で法律を買ってきた連中だもの、獄中にぶち込んだら金バッジの弱み暴露されちまうだろ。

56:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:24:49.79 ID:jxmqUt5u

>企業側の負担が大きいことから、経済界から特許権を会社側に帰属させるべきだという声が上がっていた。

これが意味不明。企業側に莫大な利益が出たから従業員に対価を払うのであって負担になるはずがない。
利益が出ていないのに対価を払うのは確かに負担だけどな。

64:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:29:45.71 ID:YCxz7try

>>56
裁判で突発的な多額の支払いが発生するのが困るとか
もともとはそんな話だったはず

60:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:26:12.38 ID:cY6KIxm+

いいんじゃね
著作権も見直す方がいい

247:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 06:19:04.31 ID:zSadyxr2

>>60
著作権は今でも業務で作れば基本は全部会社のもんだよ。著作人格権も含めて会社のもの。

74:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:43:17.63 ID:82xv6aXk

企業も従業員にも双方利益のある精度にしないと
企業ばかり得するシステムでは
技術者は逃げるわな

75:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:43:30.62 ID:cNPt9Pbf

個人で出ていく例だけを想定してる人が多いな
うちの会社は複数人が一気に出ていった事があるけど

83:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:48:19.13 ID:M0BgrfD2

研究職でも特許を取れるような業務をしてる人だけが恩恵を受けるのはまずい。
不公平感があるから、特許報酬で裁判起こすような人は同業者からはあまり応援されないのよね。

84:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:49:01.06 ID:RM1biZh8

>>83
企業で一番特許が出るのは、研究職じゃないよ

85:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:50:59.81 ID:vZ2pknk2

研究費は会社が出すんだろ。
それで対価請求権だけ叫ぶのはどうかと思うな。
発明時にストックオプションにして会社の業績に応じて報酬を支払えばいい。
会社によっては対価請求権だけで経営基盤が揺るぐ場合だってあるじゃん。

87:名刺は切らしておりまして:2013/06/07(金) 23:55:02.21 ID:F+S+RH0e

>>85
問題は稼げる開発・研究して会社に貢献している人間より
無能で単純作業と上司への媚びへつらいして会社に貢献していないゴミの方が
報酬が高いことにある

会社への貢献していないバカの報酬減らして、研究開発者に回すだけで
裁判はほとんど発生しないと思うぞ

91:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:00:04.00 ID:vZ2pknk2

>>87
それはその会社の問題だろ。
これは特許法35条改正の話だよ。
だいたい特許の話の中に、労働問題の話が紛れているのがおかしい。

92:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:01:15.62 ID:ye1gEXR2

日亜化学は法務部門がアホだっただけだろ。

職務特許としての申請ではなく、中村個人での特許としての申請を担当者が口頭で認めてしまった。
手続きも中村が取ったらしいしね。
さらにその後、問題になるまで日亜化学側はなんのアクションを起こしてない。


アホな企業のアホな失敗だけを事例にして
企業にだけ有利な法改正をするのはおかしい。

93:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:01:26.23 ID:j2Kla4dM

米国は個人発明主義 会社の権利を認めていない 
TPPが通ればまた逆もどり 国家経費のムダ使いだ

179:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:55:40.79 ID:1aIy6hU2

>>93
アメリカも法人出願できるようになったよ

104:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:10:32.79 ID:a541T7Lf

外国人学生呼んで日本企業に勤めやすいようにして、開発した特許を土産に
国に持ち帰られたのでは国益に反するだろ。
それに、競合する特許を巡って個人の命が狙われる現行特許制度より身の安全。

107:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:12:08.70 ID:tKXtwJJV

>>104
才能ある留学生自体日本に行くの止めようとなるんじゃないの。この法律。

113:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:20:52.89 ID:wYVO3GVP

>>104
現状でも、職務発明の場合
発明者から企業が承継人として権利を譲り受け、企業が出願人になってる。
大抵は国際出願してるから、国に持ち帰ることは不可能。

それに待遇面で正当な対価を払っていれば、別に余分な金はかからない。

日亜化学みたいに、特許制度を知らないとしか思えない対応をしない限り
突発的に莫大な支払いが発生したりはしない。

116:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:24:57.13 ID:a541T7Lf

>>113
企業名と発明者個人の名前を併記するとことしないとこがあるな。

108:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:14:18.37 ID:rLHP1WLT

まぁ普通はそうだわな
幾らソイツが天才でも企業の金と設備がなけりゃナニも出来ないのだから
それを利用して結果を出したってのならそいつだけの手柄ってわけではないな
ただ、その技術をホイホイハニトラとかで敵国に流すゴミの処罰強化とか先にやって欲しい所だわ

120:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:31:38.61 ID:a0wmZ9to

>>108
特許は実証しなくても出願できるので、その批判は不当。

企業の金と設備が必要なのは、その後商品化する時。

125:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:34:59.10 ID:b2GB1kBA

日本の企業研究者で中村さんに同情する人は少ないよ。
海外とは労働価値観が全然違うから一緒にしても意味ないよね。

アメリカなんか個人プレイで同僚が何の研究やってるかほとんど知らないってのも珍しくないけど、
日本はチームプレイだし。

128:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:37:22.99 ID:PgfWefyA

>>125
日本は終身雇用だったからこそ特許料が安くても早く管理職になるとかで十分報われたんだよ。

もうそういう時代じゃないから。

136:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:42:45.69 ID:POcUpSCf

特許を会社側にとなると研究・開発の人材も外国人が主体になる日が
くるかもな

なにも国内で開発する必要なし成果のみ国内特許として申請だろうな

137:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:43:07.72 ID:llhWsD37

相応の金を払えばおk

研究者なんて金にもならないこと他人の金使ってやらせて貰ってるのが大半なわけだからな
当たった時だけ特許を盾に莫大な金要求されてもな

144:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:48:05.00 ID:752JkaOw

>>137
企業の社員のほとんどが金を生み出せずに、他人が生み出した利益を集っている
そいつらより当たった特許をとれた奴が金貰うのは変じゃないだろ

145:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:50:28.86 ID:llhWsD37

>>144
だから相応の金を払えばって書いてるでしょ
突然莫大な金を要求されるのが怖いからこういう話になってんじゃないの
こんなのは企業内でするべき話だと思うけど

148:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:55:47.43 ID:sSXnQ3gX

特許で会社に貢献した人には
それ相応のポストで処遇すればいいだけの話だ
なんで何億円もあげなきゃならんのか

150:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:58:29.37 ID:PgfWefyA

>>148
終身雇用の時代じゃないから。

156:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:11:38.39 ID:xIjvxtoj

>>148
全然処遇してない。
だから社員が不満に思って
訴訟が頻発してるんだよ。

日本企業は社員横並びだから、重大な貢献しても
全然給料が増えない。
転職で給料大幅アップというわけにもいかない。だから
特許訴訟でも起こさないと、報われないまま一生が終わる。

157:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:14:48.44 ID:4Svv5My4

>>156
逆に重大な損失しても大して給料が減らない。
低リスク低リターンなのだよ。

162:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:18:49.27 ID:pekRr4l1

>>157
それだから、海外に優秀な人材が流出することになるのよね。

165:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:20:22.49 ID:4Svv5My4

>>162
優秀な人材は流出していない
優秀でない人材が流出する

151:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 00:59:00.83 ID:o2amoOAu

ただでさえ人材が流出してんのにそれを加速させてどうすんだか

ま、もう日本の企業にまともな人材残ってないから関係ないか
今や無能な老いぼれ幹部とフィリピン人、ブラジル人、朝鮮人、無能ニート日本人あたりの激安派遣奴隷でなりたってるのが日本企業
優秀な人は他行ってます

153:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:04:28.04 ID:JfwUBmed

職務発明に関連する現行の特許法を簡単に解説すると
特許権は原始的に発明者が持つ。
ただし、職務発明の場合、特許出願時前にその権利を継承すれば、継承を受けた者が特許出願すれば、
特許権はその出願人が所有することになる。
従業員との取り決め(従業員就業規則等)が事前にあれば、その継承があったと解釈され、企業が
出願人すなわち特許権者となる。
ただし、従業員は相応の報酬(地位の向上や給与アップでも可)を与えなければならないと
されている。なお、その報酬は発明が特許権を取得した後でないと、与えなくてもいい。
したがって、現行法でも実質的に出願人(特許権者)は企業で、発明者たる従業員ではない。

166:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:25:43.77 ID:lsnP8y9S

金、設備、時間、研究に集中出来る安定した立場を会社が与えてるんだから当たり前だよ。逆に失敗したら、損失補ってくれるの?

168:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:31:28.40 ID:WkAQQ1ls

>>166
そういった考えの会社ならば、研究、開発を止めればいい。
イコール会社の進歩、発展は絶望的。

169:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:33:19.20 ID:CKfBp9sE

>>166
リスクしょいこませるには給料安すぎ。
成功報酬型で問題ない。

171:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:37:09.26 ID:kIRfpdKn

特許 → 持ってるだけで金が入ってきてウハウハ

って勘違いしてる人って意外にいるよね


持ち続けるだけで維持年金は払わなきゃいけないし、
「キミの書いた○○関連の特許、どれも使わなそうだから全部放棄しよう。マジで金ないんだよ」って言われて、
泣く泣く権利放棄の申請書を書くことだって有るんだぞ・・・

173:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:39:35.93 ID:CKfBp9sE

>>171
放棄に発明者の同意をとるというのは珍しいが、筋は通っている。

178:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 01:54:16.30 ID:kIRfpdKn

>>173
同意じゃないよ
「放棄するから申請書を書いとけよ」ってことだよ・・・

192:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 02:13:00.29 ID:+VWTdpdO

>>178
それは簡単な話で、誰が居なかったらこの利益は生まれなかったか
つまり変えが絶対に効かない人間は誰かを考えたらその周辺は特許の恩恵に預っていると考えるのが妥当

>発明者への正当な対価についても同時に法整備できるのであれば問題ないと思うぞ。
そもそもこういうのが無いのがおかしいってのはわかる
逆に会社への正当な対価でもいいw

193:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 02:20:43.20 ID:kIRfpdKn

>>192
>変えが絶対に効かない人間

そんな単純明快に「一人の貢献度がほぼ100%」
のケースだったら良いのだけどね

199:名刺は切らしておりまして:2013/06/08(土) 02:39:48.22 ID:WkAQQ1ls

>>193
共同発明のことかな?当然、特許法の中にも明記してます。
ただ、実質的な協力がないと認められませんがね。
資本だけを提供、実験器具のセットや単なる書類まとめをする者などは協力者、補助者と
されている。






関連記事


[ 2013/06/08 18:32 ] 法律 | TB(0) | CM(4)
カネになるかならないかわからない研究をさせやすい
という意味ではいいと思うけどね

当てれば会社は儲ける事ができるんだし。
これが個人にとなると会社がその研究をさせる意味がないわけで
[ 2013/06/08 18:57 ] [ 編集 ]
日本らしくていいんじゃないかな
[ 2013/06/08 19:37 ] [ 編集 ]
いままでただで飼い主が搾取だったんだからいいだろう?社員お得
貰えるってことだ
[ 2013/06/08 19:52 ] [ 編集 ]
利益に応じた報酬を払えばいい
LEDの人もボーナス1000万ぐらい貰ってたら
揉めなかったかもしれない
[ 2013/06/09 01:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。