株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さよならロータス1-2-3:全世界累計500万本出荷からの転落 このエントリーをはてなブックマークに追加

【ソフトウエア】さよなら“ロータス1-2-3”:全世界累計500万本出荷からの転落 [13/07/10]

1:本多工務店φ ★:2013/07/10(水) 22:57:56.46 ID:???

日本IBMから発売されている「Lotus 1-2-3(ロータス1-2-3)」が、2013年6月11日で営業活動を終了。
1年3カ月後の2014年9月30日にサポートを終了することが明らかにされた。

対象となるのは、「IBM Lotus 1-2-3 Millennium Edition」「IBM Lotus SmartSuite」「Organizer」の3製品。
年間継続サポート用のパーツに関しては、2013年9月11日まで販売するという。

販売自体は既にストップ…サポート期間はどうなる?
ロータス1-2-3は、1983年の発売以来、ちょうど30年目の節目にその使命を終えることになった。
日本IBMでは、今回のサポート終了の理由を、
「米IBMコーポレーションのビジネス判断によるもの。ロータス1-2-3を含むSuper Office(スーパーオフィス)は、すでに開発を終了し、市場への販売も行っていない。
 また、稼動対象のデスクトップOSは、Windows XPが最後で、それ以降には対応していない」と説明。
マイクロソフトのWindows XPは2014年4月でサポート期間を終了するが、その半年後にはロータス1-2-3もサポート期限を迎えることになる。

IBMでは、同社ソフトウエア製品を対象にしたサポート体系として「パスポート・ア ドバンテージ」を設定している。
これは原則として、製品の出荷日から最低5年を標準サポート期間とし、有料で3年間の拡張サポート期間を設けたもの。
つまり合計で8年間がサポートを基本となっている。
また、サポート期限の終了は4月、9月に統一されており、サポート終了日は12カ月前に告知している。
今回のサポート終了に関する告知は2013年5月14日だったわけだが、サポート期間の終了はこのパスポート・アドバンテージにのっとることになる。

日本国内だけで、1986年から3年間で約25万本を出荷
いまさらながら、ロータス1-2-3とは何か。
これは、1993年に米国のミッチ・ケイバー氏が開発した表計算ソフトだ。
のちにNotes/Dominoを投入するロータス社の代表的製品の1つで、表計算市場においては、米国で60%以上のシェアを誇ったヒット商品だ。
ロータス社はロータス1-2-3により、ソフトウエアメーカーとしての地位を確固たるものとした。
最大の特徴は、製品名の「1-2-3」に当てはまるように、表計算、データベース、グラフ作成の3つの機能を搭載しながら、当時最速と言われた計算能力を持っていたことだろう。
さらにアドインソフトの充実によって幅広いニーズに対応。
また、マルチプラットフォーム戦略にもいち早く着手し、MS-DOSやWindows、OS/2、UNIXなどにも幅広く対応していた。
ただその中で、Windows対応には慎重で、ロータス1-2-3のWindows対応は、Windows 3.0まで待たなくてはならなかった。

日本においては、1986年の日本法人設立にあわせて、日本語版を発売。
当時、米ロータスのジム・マンジ会長は、
「1984年から日本市場参入を検討した。かつて、私自身も日本の企業のコンサルタントとして働いていた経緯もあり、それが日本市場への参入に役立った」ともコメント。
1-2-3を引っ提げて、万全の体制で日本上陸を果たしたことを明らかにしていた。
ロータス1-2-3は、1986年の発売から3年間で、日本国内だけで約25万本を出荷。
5年間では50万本以上の出荷実績を持ち、国内市場においても、表計算ソフトのベストセラーとなっていた。

>>2に続く

ソース:日経トレンディ
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130704/1050560/?P=1


2:本多工務店φ ★:2013/07/10(水) 22:58:24.93 ID:???

>>1の続き

1991年には、当時、ワープロソフトで国内ナンバーワンシェアとなっていたジャストシステムの一太郎と、
表計算ソフトで国内ナンバーワンであったロータス1-2-3をセットにした統合ソフト「Harmony」を、ジャストシステムとの共同開発で発売。
当時、マイクロソフトが発売していた統合ソフトのワークスなどに対抗し、日本で受けていた統合ソフトブームのなかで存在感を発揮した。

Windows時代突入で消滅へ…ロータス1-2-3の開発費用はなかった!?
だが、そのロータス1-2-3も、Windows時代の到来とともにマイクロソフトが積極的なマーケティング施策を繰り返したこともあり、
表計算ソフト市場を「Excel」が席巻する一方で市場シェアを減少。
徐々に存在感が薄れてきた。このとき、マイクロソフトでは、「コンペチティブアップグレード」という手法を初めて採用。
ロータス1-2-3のユーザーに対して、破格のキャンペーン価格でExcelを販売するという当時としては異例の移行戦略などを展開した。

1995年にはIBMがロータスを買収し、その後はIBMがロータス1-2-3の開発、販売を継続。
日本においては、2003年に、ソースネクストがIBMからOEMを受ける形で、1980円と破格でロータス1-2-3を販売。入門用表計算ソフトとして販売されるといった動きもあった。
だが、IBMでは、Windows Vista対応のロータス1-2-3の開発は行わず、その後は消滅する方向へと進んでいった。
IBMにとってはロータス買収の狙いはロータス1-2-3よりも、グループウエアの「Notes/Domino」の方だったともいえ、
事業再編のなかで、ロータス1-2-3への開発投資が凍結されたという構図だ。
なお、ロータス1-2-3の全世界累計出荷本数は500万本以上とされている。

古くからのPCユーザーや、MS-DOS時代からビジネスシーンでPCを活用していたユーザーにとっては、ロータス1-2-3は懐かしい製品のひとつだろう。
黄色いパッケージカラーが印象に残っている人も多いはずだ。
PCの黎明期から成長期を支えたソフトウェアがひとつ消えた。

3:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 22:59:02.77 ID:L6OVi2Pb

ロータス2げっと

5:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:00:12.25 ID:2/KjwCTI

ビジカルクってどうした?

10:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:04:27.13 ID:rTqZp1Hw

>>5
VisiCalcは、世界初のパーソナルコンピュータ向け表計算ソフトである。
1979年、Personal Software 社(後のビジコープ)が Apple II 向けに発売した
 VisiCalc は、ダン・ブリックリン考案、ボブ・フランクストン設計、
彼らの Software Arts 社開発によるものであった[1]。これにより
Apple II はホビースト向けの玩具から便利なビジネスツールへと変貌した[3]。
IBM PC が登場する2年前のことである。

ビジコープ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97
VisiCorp は、VisiCalc の開発元 Software Arts との訴訟の後、Pallidan Software に売却された。

6:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:00:43.48 ID:Mgiof18x

ロータスノーツってまだ使ってる会社あるの?

11:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:07:19.03 ID:exAToCXF

>>6
>ロータスノーツってまだ使ってる会社あるの?

先週Dominoがダウンした。

62:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 00:22:27.36 ID:IMPFetc9

>>11
IBM内で現役です

22:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:18:40.44 ID:rcNf8nH+

>>6
メインで使ってるところもあれば、既に別のソフトに運用は移行しているものの、
過去のデータベースまでは移行出来なくて、参照の為に残してるってところもある。

ちなみに、前の会社ではR5.1を後生大事に使ってた。あんまりうるさく言うと、
じゃあお前やれって言われそうだったから、VerUPについては口に出さなかったが。

81:kenjirou:2013/07/11(木) 01:10:12.71 ID:McVUHDd4

>>6
某官庁だが、Notesは、現役でメールと掲示板を使用している。

メールは、NOTES間ではセキュリテイが堅牢で、掲示板も
情報共有ツールとしてはセキュリテイと使い勝手では実用レベル。
共有スケジューラは使い物にならず、EXCELを共有している。

Lotus123は、MS-DOS時代に技術計算・資料作成でずいぶんお世話になった。

ただ表計算のオリジナルはMultiplanと記憶しており、
123の前は大型機端末搭載のLANPLANを使用していた。

EXCELに切り替えたのは、Windows版が発売されてから。
Wordとセットでver.1から、マルチフォントが使用可能になり、
EXCELで作成した図表をWord文書に張り付けた技術資料が
ワープロで作成可能となった。
それまでは、同等の文書作成は高価なMAC・WSプラットホームのDTP、
グラフィックソフトで作成されていた。
やはり、一太郎と同様にWindows対応の遅れが決定的だったと思う。

8:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:01:28.92 ID:Ck3pL6us

98DOS版10万くらいしてたよな。

13:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:08:37.74 ID:jz3Q6Njb

ロータスは、マクロが簡単に作れて重宝したな。
エクセルでは、いまだにうまく作れない。

15:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:11:23.22 ID:ZZzK6G4x

確かに昔は1-2-3一色だったからな。
だけどMSには勝てんよなぁOSメーカーだし。
まぁ、DOS時代の遺産か。

17:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:13:58.18 ID:/ci/GzGI

VHSに対するβ方式みたいなもんか

24:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:20:18.06 ID:6C0q6uXn

>>17
βと違って競争に負けたというよりロータスの場合は自滅。
DOSから移植をせずジャズとかいう新規ソフトを立ち上げて失敗したり、Notesに開発リソース集中させたり、
古い機種でも使えるようにするため使用容量を640KB以下に納めようとして2年近く無駄にしたりで
いつまでたってもWindows版が出てこなかった。
ようやく出したころには他社製品無双状態でオワコン化

21:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:17:29.94 ID:6C0q6uXn

>ロータス1-2-3を含むSuper Office(スーパーオフィス)は、すでに開発を終了し、市場への販売も行っていない。

これのせいで富士通のOASYS Super Officeも地味に販売終了しちゃったんだよなあ(´; ω;`)

23:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:19:37.83 ID:235NTxT1

かつて、日本では一太郎とロータスが主流だったが、アメリカとかとネットで書類の
やり取りができるようになると、海外はエクセル・ワードが主流で支障が出たので
無理やり変更になった会社が多いらしい

30:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:24:58.59 ID:vOOybWKq

win3.1にexcelが標準搭載されててlotusとの互換も出来た時点で終わったよな
よく持ったもんだ

32:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:29:15.49 ID:a+II7RnR

ロータスはいいソフトだったが、2003までのエクセルが神すぎた
2007以降のエクセルはウンコ
五郎は・・・、ATOK大好き、一番好きなIMEです

44:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:50:52.91 ID:tzp5scde

Lotus Improvは素晴らしかった。
多次元の表をいとも容易く作成できた。
今はDWHとかにシフトしてあーいう製品がないんだよな。

87:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 02:25:31.12 ID:QOCG3bEk

>>44
四次元以上の表とか?

138:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 22:00:24.95 ID:zvF1iMTA

>>44

NeXT で触ったことがある。
マウスをグリッで出来たよね。

45:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:51:32.23 ID:SVzwieXi

大学の研究室にいた時は使っていたはずだが、
どうやって使っていたか、今となっては一切記憶が無い。

47:名刺は切らしておりまして:2013/07/10(水) 23:56:08.54 ID:P8bWKjz1

Excelを使いたくてMacを買ったのも今は良い思いで。

52:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 00:02:11.35 ID:ypl0YKI3

Windows は Macintosh のパクリ
Internet Explorer は Netscape のパクリ
MSN Messenger は AOL Instant Messenger のパクリ
Windows Media Player は QuickTime のパクリ
Word は Word Perfect のパクリ
Excel は Lotus 1-2-3 のパクリ

58:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 00:18:17.84 ID:GJVfXH7J

エクセルなのに頑なにR1C1形式にするやつが会社にいてめんどくせええあえ

59:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 00:18:20.13 ID:oa6rdJYt

一太郎の方は役所に食い込んで生きながらえようとしてたけど
結局Word提出も対応になってそれからか利用もなくなってしまったな
2005ぐらいだったかまではずっと入れてたのに・・・

100:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 08:58:19.08 ID:yr5TxU+V

>>59
役所の文化には合ってるし、日本語の文書作成となるとワードはゴミなんだけど、windows95版が
メモリ食いまくりで、当時高価だったメモリを増設しないと使い物にならんかった。あれでは、ワードへの
流れを止められない。

その反省から出た一太郎Liteは、テキストエディタの延長にあるように軽くて、必要な機能が過不足無く
搭載された凄く使いやすいソフトだったんだけど、時期的に勝負が決まってしまっていた。

64:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 00:26:15.95 ID:IclAb3zr

自宅サーバーの時代だとSQL Serverみたいのがよっぽど役立つ

79:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 01:07:38.57 ID:Qs37NqmH

勤めてる会社が全社的にノーツだが、あの閉塞感は異常。何だか息が詰まる。

93:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 08:00:39.34 ID:7j5HcLcA

もうオフィスソフトはマイクロソフトが独占することになるのか
libreofficeは入門書の類はホントに少ないしoffice使いこなしてることが前提だし

97:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 08:30:12.81 ID:AvE3Dwcb

たぶん一太郎とロータスが各20万円ぐらいしてた。パソコン一式百万円の
時代もありますた。

102:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 08:59:33.65 ID:0m7SgYbW

>>97
95年頃に同じ組合せで70万くらいで買った気がする
コマンド覚える前にウィンドウズに駆逐されて殆ど使わなかった

103:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 09:12:19.98 ID:RNNs95CP

クラリスワークスはいないのか?
Win3.1とWin95が混在していた時代、Mac使うときはクラリスだった。
エプソンがMJからPMにシリーズが代わり家庭でも写真画質の出力ができるように
なり、それをSPEEDがCMしていた。

121:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 12:45:06.54 ID:IzMOuVam

>>103
クラリス懐かしい
自分は1992年~1996の間Macで使ってた
職場PCがWindowsに統一されて別れたな…

106:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 09:48:14.39 ID:1Q20NuX5

クアトロがどうしたって

144:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 22:50:55.08 ID:JLfIwlNl

>>106
あれは良いモノだった。
当時ボーランドから販売していた記憶があるな。
さすがにメディアはすぐそこには見あたらないが、
押入の何処かには眠ってるw

107:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 10:16:49.47 ID:pzzCl7Ff

MSによる抱き合わせがあった上に規制も遅れたって圧倒的な不利はあったけど、
Excelだって大したソフトじゃなかったのにウィンドウズになかなか軸足移さなかったり
DOS時代の殿様商売が続くとあぐらをかいたのが運の尽き(´・ω・`)

115:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 11:32:44.86 ID:ZX4B9MEE

DOS版の起動時に1,2,3と順番に表示されるのがかっこよかった

116:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 11:47:06.16 ID:bkHYpvD3

一太郎やFilemakerは頑張ってるな

120:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 12:04:51.85 ID:AJUyBUi6

ロータスワードプロや123はまだ現役で使ってるw
Win7x64でも動いたし、問題なく印刷出来るw

起動は早いし容量食わない、けどWin7x64では
123やアプローチとの連携が出来ない感じw

EXCELとのデータ連携とか関係なければコレで足りるw
それに、マクロをゴリゴリ使ってるEXCELの方がバージョンにより互換乏しくて嫌になる。

129:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 16:15:23.23 ID:Kx4qe6xH

win95の頃は、パソコン買う時にまず
「ロータス123&一太郎」か、「ワード&エクセル」を選ぶトコから始まったもんだった

俺は、1万円くらい安かったから問答無用で一太郎セットだった
押入れを探せば、まだあの黄色と赤い箱があると思う

132:名刺は切らしておりまして:2013/07/11(木) 18:35:11.25 ID:K/phZMKF

富士フイルムも東芝もNotesです






関連記事


[ 2013/07/12 20:46 ] IT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。