株式・経済ちゃんねる

2ちゃんねるのビジネスnews+板のスレッドを中心にまとめていきます。

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「日本の社員のやる気は世界最低」、その元凶とは?…モチベーションを与えるだけでは、「自発的なやる気」は生まれない このエントリーをはてなブックマークに追加

【仕事】「日本の社員のやる気は世界最低」、その元凶とは?…モチベーションを与えるだけでは、「自発的なやる気」は生まれない[10/29]

1:諸星カーくんφ ★:2013/10/29(火) 00:45:48.77 ID:???

(※長い記事のため抜粋です。全文はソース元でどうぞ)
ソース(ダイヤモンド・オンライン) http://diamond.jp/articles/-/43632

  「日本の社員のやる気は世界最低」――そんな記事を年初に書いたら、大きな反響をいただいた。アクセスも多く、日別でランキング
で1位。月間ランキングでも3位となったが、特筆すべきは反応の大きさで、「いいね!」の数は3000を越えている。(2013年10月28日
14時現在)。それだけ、ビジネスパーソンのこのテーマに対する関心が高いということだ。

【第81回】世界でダントツ最下位!日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?
http://diamond.jp/articles/-/30488

 「社員のやる気が世界最低」というのは、もうそれだけで大きな社会問題だと思う。事実、ビジネスパーソンの鬱病問題は大きな
社会問題となっている。やる気もないのに無理矢理仕事をしなければならず、会社からも無理矢理モチベーションを上げろと
プレッシャーをかけられて、それで鬱にならないほうがおかしいかもしれない。この問題はまた、日本経済成長の大きな阻害要因
にもなっている。やる気のない社員ばかりで、企業が成長できるわけがなく、企業の成長なくして国の経済成長があるわけがない
ことくらい、どんなバカでもわかることだ。

 この問題に対する唯一最大の解決策は、社会と個人と企業の価値観のエンゲージメントである。これを僕は「バリュー・エンゲージ
メント」と呼んでいるが、根本的な解決策はそこにしかないということも上記の記事で書いた。 以来、僕はこの日本最大の社会問題の
ひとつである「社員のやる気問題」解決のために、バリュー・エンゲージメントという概念の普及に尽力しているのだが、今回、この理論
の大きなバックボーンであり、実践的なメソッドでもある「バリュー・ファクター」というコンセプトに関する本を出すことができた。

 といっても翻訳書で、つまり僕が翻訳させてもらったわけだが、ドクター・ジョン・ディマティーニという人が書いた『THE VALUES
FACTOR』の日本語版『Dr.ディマティーニの最高の自分が見つかる授業』(フォレスト出版)である。原著のタイトルにもあるように、
「価値観というものが人生やキャリアやビジネスにおいていかに重要で役に立つか」ということについて書かれた本だ。ちなみに、
アメリカのAmazonでは哲学ジャンルで1位となっている。

■「価値観を理解する」とはどういうことか?

 「価値観」というと、多くの人はわかったような気になっている。実際、さまざまな企業で「会社と従業員の価値観のエンゲージメントが
大事です」という話をしても、ほとんどの場合「それはそうでしょうね」という顔をされる。しかし、本当にわかっていてエンゲージメントが
実現できているかというと、できてないわけで、「そんなことは分かっている」という顔をする人の会社の離職率が40%を越えていたりする。

(※以下、ばっさり中略。>>2以降に続く)


2:諸星カーくんφ ★:2013/10/29(火) 00:46:20.38 ID:???

>>1の続き)

■モチベーションだけで「やる気」は生まれない

 「社員のやる気」という観点から言えば、本書には多くの人事担当者やチームリーダーにとって衝撃的なことが書かれている。それは
「モチベーションでは、社員のやる気は生まれない」ということだ。世の中のほとんどの企業経営者、人事担当者、チームリーダーは、
社員やチームメンバーのモチベーションを上げることに躍起になっていると思う。モチベーションを上げるための研修会社も多数存在
する。しかし、モチベーションでは本当の意味での「社員のやる気」は生じないのだ。なぜか?

 モチベーションには大きく分けて「外的要因による動機付け」と「内的要因による動機付け」の2つがある。しかし、現実的にビジネス社会
で行なわれているモチベーションアップの施策の多くは、「外的要因による動機付け」のほうである。その端的な例が「成果主義」で、
金銭的なインセンティブによってモチベーションを上げようというものだ。これは長期的にうまく行かないどころか組織を破壊してしまうと
いうことは、日本の企業社会でもすでに実証済みである。

 しかし、外的要因はなにも金銭的なインセンティブだけではない。たとえば、「頑張れば出世できますよ」というのも、外的要因による
モチベーション。代表的な例が「頑張って勉強して一流大学に入れば一流企業に就職できて、人生は成功しますよ」というドグマだ。
しかし、このモチベーションも、そもそも「出世したい」「一流企業で偉くなりたい」という価値観を持った人間でなければインセンティブに
ならない。

 また最近では「女性の活用」ということで、女性役員を増やそうということが社会的な課題となっている。ウーマノミクスと掲げるとおり、
安倍政権の重要な政策のひとつでもある。このようなトレンドは悪いことではない。有能であっても女性だからという理由だけで役員や
社長になれない社会はやはり間違っている。

 しかし、そもそも「出世したい、会社で偉くなりたい」と考える女性社員が1割程度しかいないという現状で、「出世」が彼女たちの本当の
モチベーションにならないのは明らかだ。彼女たちが求めているのは「やりがいのある仕事」か「ワークライフバランス」なのであって、
それらは「出世」とはリンクされていない。 そのような女性たちに対して「出世」がモチベーションにつながると考えるのは、これは完全に
オヤジの発想である。女性と仕事の関係を考えるのであれば、まずやるべきは女性の価値観に立ってモノゴトを考えることだ。

 要は、女性に限らず、社員の本質的なモチベーションのアップのためには、一人ひとりの価値観と、会社の価値観をどうエンゲージ
メントするかが重要なのだ。多くの場合、企業は売上を上げるため、社員のモチベーションアップに四苦八苦している。しかし、企業の
売上が上がることと、従業員一人ひとりの価値観とがきちんとエンゲージメントされていなければ、モチベーションが上がるわけがない
のである。

 一方、近年では社会貢献志向の企業が売上を伸ばすといわれ、成功事例も出てきている。これは企業の価値観と社員の価値観のみ
ならず、顧客の価値観もエンゲージメントされている結果だと言えるだろう。

(さらに続きます)

3:諸星カーくんφ ★:2013/10/29(火) 00:46:51.99 ID:???

>>2の続き)

■インスパイアされれば自発的に動く

?このように、社員が本質的にモチベーションをアップさせるには、内的要因による動機付けが必要であり、これをドクター・ディマティーニは、
「インスピレーション」や「インスパイア」という言葉で説明している。実はこの言葉、非常に日本語にしづらい。僕も翻訳作業のなかでなんとか
それを試みたが、結局は(僕の力不足もあり)断念してカタカナで表現することにした。無理矢理に日本語にするとすれば、「本当の自分の
価値観となる何らかの啓示」であり、「本当の自分の価値観を刺激する何か」ということだろう。

?実際、インスパイアされた仕事に対しては、特別な動機付けは必要ない。なぜならそのような仕事自体が、その人間にとって本当の、
そしてもっとも快楽的な生き方になるからだ。たとえば「社会に貢献したい」という価値観を持った人間が、社会貢献でメシが食える仕事
に就けば、放っておいても熱心に仕事に励む。もちろん残業もいとわないし、彼女や彼氏とのデートも後回しにしたりする。上司に
言われなくても、新しい取引先の開拓や新プロジェクトの開発を「自発的に」やるだろう。

 そもそも、ほとんどすべての企業は、社員に対して「自発的に」仕事することを求める。しかし、そのためにやっていることは、ほとんど
の場合、外的要因としての動機付けばかりだ。文字通り、そこには大きな矛盾がある。「自発的」と「外的要因」は本質的に矛盾している。
インスピレーションも得られず、インスパイアもされていない仕事に対して、どうやって自発的になれというのか。その矛盾が、日本企業
のなかに「世界最低のやる気」と「大量の鬱病患者、およびその予備軍」を生み出している。

 また、企業だけでなく、社員個人も同様の問題を抱えている。外的要因とは給与などの金銭的インセンティブや出世など制度的なもの
だけではない。社会的ステイタスや見栄、そして人間関係など「内的な外的要因」というものもある。実は、個人にフォーカスした場合、
この「内的な外的要因」というものが、最も大きな「やる気の阻害要因」となるのだ。その阻害要因から解き放たれ、それこそ「最高の自分」
を生きるためには、まず自分の「最高の価値観」とは何かを知る必要がある。そこからしか、本当の人生は始まらない。

 煎じ詰めれば、社会も企業も個人も、価値観という土台のうえに成り立っていると言える。しかしながら多くの人は、その価値観の正体
を知るスキルを持っていないし、振り返るチャンスも与えられていない。しかし、冒頭で紹介した『最高の自分が見つかる授業』を読んで
もらえば、そのスキルとチャンスを得ることができる。社員のやる気が上がらないことに悩むチームリーダー、そして日々の仕事が楽しく
ないことに悩んでいるビジネスパーソンには、ぜひご一読いただきたい。

(終わり)

4:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 00:49:19.70 ID:Yp7nH/uN

海外行ったことないんじゃないの?
むこうの店員の態度なんて見れたもんじゃないぞ

255:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 10:12:05.09 ID:PQSwa9ox

>>4
だよな
ホント最近のマスコミの作文は見るに堪えん
すぐ下のスレに「日本企業、中国から脱出」では
現地人が働かないなんて記事が載ってるくらいだ
数ある企業の中で一番腐ってるのがマスコミだって思うよ

6:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 00:52:20.50 ID:2FXtXCMO

やる気がなくてもちゃんとやるんだよ日本人は

13:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:01:18.80 ID:3hQz1rFR

>>6
そういう末端のモラルに胡座をかいて、昨今の経営者・企業は無茶苦茶な締め付けをやるからね
さらにやる気低下、モラルだけで仕事をしてる結果が日本社会

11:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 00:58:02.68 ID:cSjJX3tx

そもそもモチベーションなんかもらってねーよ
んなもんなくたってやるのが仕事だろ

128:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 05:10:58.54 ID:gdBlwojC

>>11
これがすべてだと思う
仕事してなくてもやる気あります!とかって自己主張の強い外国人は山ほどみてきた
やる気あるって自己主張してるだけで
仕事やってるかは別の話しなアンケートでしょ

15:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:04:04.57 ID:7LeKzVyd

他の国で働いたことないからわからないけど
派遣ブルーカラーの仕事してる人は
機転利かずヌポーっとした人多くて
日本に働きにくる外国人、特に中国人の方がコミュ力高くて
きびきび働いてることが多い
母国よりお金が良いせいか
朝鮮人は例外 こいつらはめったに見かけない

17:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:04:36.03 ID:LbR5bHbf

モチベーションとか屁理屈以前にもっと給料を与えてくれよw

18:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:04:54.51 ID:Z6HHhULx

やる気はないけど、サービス残業やりまくりという変な国w

23:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:07:00.82 ID:GkXRaXjE

日本の仕事が楽しくない最大の理由は、
金の安い下の業界まで高品質を提供するから

だから観光客にとってはいいかもしれないが、

貧民層までが、高級ホテル並みのサービスを当たり前と思って
仕事をするのに疲れてしまっているんだよね

高待遇は金を払った奴にして、
カネを払わない、安いやつにはそこそこのサービスにしておけば
働くのも楽しかったのね

27:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:09:50.15 ID:PdClw9fo

>>23
それは技術の世界でも同じで、技術の安売りしてる現状があるな

25:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:07:27.39 ID:Ejge0c6H

少数のエリートは違うだろうが、海外の一般会社員のやる気の無さは日本をはるかに上回るよ。
上司がちょっと目を話すとすぐサボるのも日本以上。

30:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:12:21.05 ID:JJc9ryL2

徹底的な格差社会にすればモチベーションは上がるよ。
日本は社会主義、格差潰しが徹底しすぎて、みんなヤル気ゼロw

トヨタ役員の平均報酬額が3000万円ぽっちとか
必死に汗流してそんな低年収がゴールだと思ったら
現状このままでいいやと思うわな。

33:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:18:44.14 ID:+vaH0YKv

ルーティン業務を日々頑張ってるだけでは成長しないんだよ。
ただ一生懸命やってるだけじゃあねえ・・・チョンコロとかわらんよ。

35:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:19:16.01 ID:kLI1gmA4

ドロップアウトした人間の受け皿はない
なのでドロップアウトしないように必死になって働く

目標が「ドロップアウトしない事」じゃ上がったモチベーションもすぐ醒めますわ

40:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:23:10.28 ID:sdeIf5Ux

やる気を出すと周りから叩かれる
成果を上げてもまったく評価されない
時間を掛けて仕事したほうが実入りが良い

この辺りが原因なんじゃね?w

42:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:25:02.54 ID:5MzbVCDT

はぁ?、日本人ほど真面目に仕事する人間世界中探してもいないだろ
やる気じゃなくて覇気はちっと足りないかもしれないが

61:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:37:32.66 ID:c8Bmhqfw

世代間格差、官民格差、雇用体系格差
やる気があるほうが変でしょ
そこそこでやったほうが波風たてないしね

73:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 01:46:06.36 ID:jXpdYPXv

ある規模まではこれでいいが大規模になればこんなんいらんし
総じて甘やかしてもろくなことにならん

88:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 02:14:46.96 ID:zej+b0iq

>>73
一人の人間が人格レベルまでまともに掌握できるのは10人強とされてる
近代軍隊はこの考えを基礎につくられている
テクノロジーで何千人も「管理」は出来るがそれより深いレベルは無理

この積み重ねが適切に機能すれば大組織でも大企業病にならないのだが
実際は中間管理職にそういうスキルも意識もない、そもそも訓練すら受けてない

日本軍も昭和初期までは人事管理が神業、理想の職場といわれていたが、恐慌のあたりで軍拡してからはただのブラック職場に成り果てた
最後の方になると後ろ弾(部下に謀殺される上官)やら不審火による戦艦爆沈やら・・・

91:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 02:18:29.80 ID:3M8iX5Zl

バカばっかりだな。
会社が何とかしてくれる、
国が何とかしてくれる、
と他力本願だからダメなのに。

104:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 02:44:03.56 ID:zej+b0iq

>>91のいうとおりだわ


無益なガス抜きにしかならないなら、2ちゃんはもう無いほうがいいのかもな
中国やイランがネット全面禁止しないのだって、ガス抜きのためだし

96:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 02:26:08.89 ID:kz9Fqch9

そもそも、労働者に自発的に働いてもらっちゃ困るわけで。
自発的に働かない代償として給料を払ってるんでしょ。

105:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 02:45:36.91 ID:KVbv2Z6i

仕事にやる気って必要か?
払うもんさえ払ってくれれば結果は出す
それで満足だろ?それ以上に何が必要なんだ?

125:名刺は切らしておりまして:2013/10/29(火) 04:32:48.38 ID:b/GJJOXZ

会社の資質は下でなく上で決まる。
無能な経営者や上司が言い訳に使ってる言葉にしかきこえない






関連記事


[ 2013/10/29 21:06 ] 雇用 | TB(0) | CM(2)
オフィスで雑談しながらダラダラしてる年長者の方が
毎日脂汗流しながら顧客対応してる俺より時給高いんですよ
あいつら全員◯ねばいいのに
ストレスしかたまんねえよやる気なんて出ねえよ
[ 2013/10/29 22:59 ] [ 編集 ]
外資なので、あちらの人は自分のことしかしません。ほかのことはやってはいけない。日本の場合は1から100までこなさなければならい、これを要求されるためひくくなる。
[ 2013/10/30 07:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
このブログについて


TOP絵募集中です。1065px以下です。メールでお願いします。お願いします。







フィードメーター - 株式・経済ちゃんねる
Amazon


    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。